【柴犬】犬の寿命を伸ばす飼い方|散歩はじめ編

<スポンサードリンク>

柴犬

 

子犬を飼い始めても、すぐに散歩というわけにはいきません。
まずは飼い主に慣らし、首輪に慣らし、外の雰囲気に慣らしといくつか準備しておくことがあるので、チェックしておきましょう。

1、ワクチン接種

犬を飼い始めてもワクチンプログラムが完了するまでは散歩は控えてください。
2回目のワクチンが終了して2週間ほどすると感染症のリスクが減るので、それまでは家の中で飼い主との信頼関係を深め散歩のトレーニングをしておきましょう。

2、首輪・リード

慣れないうちは首輪やリードに違和感があり、取ろうとしてもがく子犬もいます。
いざ散歩を始めようとしたときに上手くつけられないということもあるので、事前に家で慣れさせておきましょう。
おやつを与えながら首輪を当てるようにすると、比較的早く慣れることができます。

3、歩く練習

怖がって動けなくなってしまったり、あちこち引っ張ったりして、子犬と一緒に歩くのは意外と難しいです。
なので、まず家の中でリードをつけて練習してみましょう。
練習方法ですが、おやつを使って真横に誘導するのも良いですし、下の動画のように散歩のしつけをするのも良いでしょう。

4、抱っこ散歩

地面を歩かせる散歩はワクチンプログラムが終了してからですが、それまでに外の世界を知らないと社会化が遅れてしまいます。
そこで、家の環境に慣れてきたら抱っこして外に出てみましょう。
最初は静かな場所から少しずつにぎやかなところへ。
怖がっている場合はおやつをあげるなどして、気を紛らわせてあげましょう。

<散歩のしつけ動画>

 

⇒ 柴犬の寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ