【柴犬】犬の寿命を伸ばす飼い方|住まい環境編

<スポンサードリンク>

 

柴犬

昔は犬といえば番犬として外につながれて飼われていました。
しかし、現在はペットや家族の一員としての役割が大きく、室内で飼われることが多くなっています。
柴犬は日本の気候に合っているので外で飼うこともできますが、近年は猛暑日が多く、異常気象も頻繁に発生するため、室内飼いがオススメです。
また、犬はもともと群れで暮らす動物なので、室内で家族と生活するほうがストレスが減り、穏やかな性格になるようです。
そうはいっても、柴犬は外で過ごすことも大好きなので、広い庭があるなら屋外で飼うのも良いでしょう。

【室内飼い】
・ 群れで暮らす習性があるので、精神的に安定する
・ 警戒心が減り、穏やかな性格になりやすい
・ 熱射病やフィラリアなどの病気にかかりにくい
・ 通行人からイタズラされる心配がない
・ 脱走しにくい
・ 近隣トラブルが少ない
・ 野生動物とのトラブルを避けられる
・ 病気になったり高齢になった時に介護しやすい

⇒ 室内飼い 詳細へ

【屋外飼い】
・ 抜け毛の掃除をあまりする必要がない
・ 室内にスペースを割く必要がない
・ 感電や骨折など室内特有の事故にあいにくい
・ 四季に合わせて被毛が変化しやすい

⇒ 屋外飼い 詳細へ

 

◇ 準備するもの ◇

室内で飼うにしても屋外で飼うにしても、柴犬を飼うのに必要なものを紹介します。
子犬を購入する前に準備しておきましょう。

【毛布・タオル】
毛布やタオルは寒いときに使ったり、リラックスするときに使ったりします。
柴犬用のものを2~3枚用意しておきましょう。
飼い始めは兄弟のニオイのついたタオルをもらっておくと、安心できるようです。

【エサ入れ・水入れ】
エサ入れと水入れを用意しておきましょう。
プラスチック製のものは汚れやすいので、ステンレス製の安定しやすいものがオススメです。

【おもちゃ】
遊び盛りの子犬には必須のアイテム。
おもちゃがないとストレスを溜め込んでしまい、家の中にある他のものをかじってしまうので、必ず用意しておきましょう。

【首輪・リード】
ワクチンを接種するまでは散歩はあまりしませんが、首輪に早めに慣れさせておきたいので、準備しておくと良いでしょう。
柴犬は首と頭の大きさがあまり変わらないので、抜けやすいならハーネスでもオッケーです。

 

⇒ 柴犬の寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ