【トイプードル】犬の寿命を伸ばす飼い方|お手入れ編

<スポンサードリンク>

◇ ブラッシング ◇

トイプードルは毛が長い割に、抜け毛が少ない品種だといわれています。
しかし、実際は、毛が抜けても絡まって落ちてこないだけで、毎日のブラッシングを怠ると毛玉が出来たり皮膚のトラブルを引き起こしてしまいます。
犬の健康のために、ブラッシングを欠かさないようにしましょう。

【ブラッシング手順】
スリッカーブラシを軽く持ち、皮膚と平行にかけていきます。
最初は顔から遠いお尻などからかけていきましょう。
全身の毛をとかしたら、次はコーム(クシ)で内またをとかします。
最後にのどや頭をブラシで優しくとかし、コームで毛の抵抗感がなくなるまで溶かしていきます。

※トイプードルは生後2~3ヶ月からブラッシングを始めるのが理想です。
ただ、家に来たばかりの子犬は飼い主に慣れておらずストレスを感じてしまうので、信頼関係ができてからブラッシングを始めるようにしましょう。

 

◇ シャンプー ◇

シャンプーをやる頻度は月に2回くらいが目安です。
まめに洗えば皮膚を清潔に保つことができ、ニオイを抑えることができますが、その分皮膚の負担も増えてしまうためです。

【シャンプー手順】
まずはシャワーの温度がぬるま湯程度になっているかチェック。
次に、シャワーヘッドを犬のお尻部分に密着させて、徐々に濡らしていきます。
全身濡らしたらシャンプーをし、頭から流していきます。
全て流したら、タオルで水気をしっかりふき取り、ドライヤーで乾かします。
乾かし残しがあると病気になることがあるので、毛を起こして根元から乾かすようにしましょう。
乾かしたら、耳の中も綿棒で拭いておきましょう。

 

◇ そのほかのケア ◇

【足裏のケア】
地面に直接触れる足裏は、ケガをしやすいポイント。
散歩から帰ったら、小石が挟まったり出血したりしていないか確かめてください。
また、汚れているようなら足だけ洗ってあげると良いでしょう。

【耳のケア】
トイプードルは耳の中に毛の生えやすい犬種です。
手入れを怠ると病気のもとになるので、月に一回くらい丁寧に耳のケアをしましょう。
耳のケアは、綿棒で耳の穴をふき、耳の入り口付近の毛を抜けばオッケーです。
耳の中は敏感なので奥まで入れたり強くこすったりしないように注意してください。

【目元のケア】
トイプードルは涙ヤケになりやすいため、散歩から帰ったら目元のケアをすると皮膚の病気にかかりにくくなります。
ケアの方法は、コットンに水を含ませて目の周りの汚れをふき取る、異物が入っていたら目薬で洗い流すの2つです。

 

トイプードルの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

dog-554127_1280
高齢トイプードルのケア

dog-777515_640
健康チェックで病気予防

dog-813696_640
健康なトイプードルの選び方

poodle-289007_640
快適な住まいをつくろう!

dog-654507_640
長寿の秘訣は栄養バランス!

dog-654506_640
散歩でリフレッシュ♪

poodle-380934_640
トイプードルに必要なお世話って?

poodle-403163_640
毎日のお手入れで快適に!

poodle-654511_640
犬にとっても大切なしつけ

poodle-654509_640
社会化でストレスを減らそう

dog-413141_640
季節ごとに必要なケアって?

dog-767549_640
トイプードルがかかりやすい病気

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ