【トイプードル】犬の寿命を伸ばす飼い方|住まい環境編

<スポンサードリンク>

トイプードル

◇ 道具の準備 ◇

子犬を飼い始めるときは最低限のものだけにし、子犬の性格や家の環境に合わせて道具を用意していくと無駄なくそろえることができます。
ペットショップで購入する場合は店員さんに相談しながら揃えていくのも良いでしょう。

【サークル】
基本的にサークルで囲った場所が子犬のお家となります。
つねに部屋の中を動き回れるようにしておくと子犬自身も落ち着かないので、初めにサークルで囲ったスペースを子犬のお家だと認識させましょう。

【キャリーケース】
病院に行くときなど、犬を外に連れていく機会もあると思います。
そんな時に安全に子犬を運べるのがハードタイプのキャリーケースです。
すぐには使わないかもしれませんが、急に必要になることがあるのであらかじめ用意しておきましょう。

【トイレシート】
飼い始めたばかりはしつけできていません。
そのため、様々なところでおしっこしてしまう可能性があります。
子犬のうちはトイレシートを多めに準備しましょう。

【毛布・タオル】
毛布やタオルは犬自身が体温の管理をするのに必要です。
また、安心して眠れる場所にもなるので、サークル内に置いておきましょう。

【エサ入れ・水入れ】
エサ入れにはステンレス製のものとプラスチック製のものがありますが、プラスチック製のものは汚れがつきやすいのでステンレス製がオススメです。
水入れはサークルに取り付けるタイプの給水ボトルだとこぼす心配がなくて安心です。

【おもちゃ】
サークル内でのエネルギー発散や飼い主と遊ぶ時に必要なのがおもちゃです。
トイプードルの性格によって気に入るおもちゃも違うと思いますが、かじっても壊れず、切れ端を飲みこむ心配のないものにしましょう。

【ブラッシング道具】
毛が長いトイプードルにとってケアグッズは必須です。
スリッカーやコームに加え、歯ブラシやケア専用ウェットティッシュも用意しておきましょう。

【散歩道具】
子犬用の胴輪や、リードを用意しておきましょう。
首輪でも問題ありませんが、子犬のころは身体への負担が少ない胴輪がオススメです。

 

◇ サークルの周りの環境 ◇

愛犬の住まいとなるケージやサークル。
サークルの中だけでなく、外の環境も健康に大きな影響を与えるので注意が必要です。
音や気温がストレスにならないように気をつけましょう。

【床】
フローリングの床は滑りやすく足腰を傷める原因となります。
5歳くらいまでなら体力もあるので問題になりにくいですが、それ以降は身体も衰えてくるので、できるだけカーペットなどを敷いてあげましょう。

【エアコン】
人間も同じですが、エアコンが直接あたるところは体温を奪われやすく健康に良くありません。
ケージはエアコンの風があたらないところに置きましょう。
また、暑い日や寒い日のお留守番は、エアコンをつけておき、トイプードルが快適に過ごせるように調節しましょう。

【家具】
ガラス製のものや角が尖ったものは、ケガする危険性が高くなるので控えたほうが無難です。

<スポンサードリンク>



トイプードルの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

dog-554127_1280
高齢トイプードルのケア

dog-777515_640
健康チェックで病気予防

dog-813696_640
健康なトイプードルの選び方

poodle-289007_640
快適な住まいをつくろう!

dog-654507_640
長寿の秘訣は栄養バランス!

dog-654506_640
散歩でリフレッシュ♪

poodle-380934_640
トイプードルに必要なお世話って?

poodle-403163_640
毎日のお手入れで快適に!

poodle-654511_640
犬にとっても大切なしつけ

poodle-654509_640
社会化でストレスを減らそう

dog-413141_640
季節ごとに必要なケアって?

dog-767549_640
トイプードルがかかりやすい病気

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ