【チワワ】犬の寿命を伸ばす飼い方|社会適合編

<スポンサードリンク>

人間でもなかなか社会に馴染めない人がいますが、犬も同じように社会にうまく適応できなくなることがあります。
社会に適応できないと、外出するたびに周囲を警戒することになり、ささいなことにビクビクしてしまいます。
これでは、日ごろ受けるストレスが大きく気が休まらなくなってしまうので、子犬のころから社会に慣れさせて耐性をつけましょう。

【生後7週間まで】
生まれたばかりは犬同士のコミュニケーションを学ぶ大切な時間です。
できるだけ、親や兄弟と一緒に過ごすようにしましょう。

【生後14週間まで】
生まれてからこの時期までは社会化期と呼ばれ、この時期は何でもスムーズに吸収することができます。
さまざまなタイプの人に触れ合わせたり、踏切などの変わった音やニオイに触れさせて、社会に順応しやすいようにしましょう。
また、この時期に嫌な経験をするとトラウマになることもあるので注意が必要です。

【生後14週間以降】
14週間をすぎると徐々に警戒心が強くなってきます。
高齢になるにしたがって柔軟性も薄れていくので、パピーパーティーなどに積極的に参加して、いろんな経験をさせてあげるようにしましょう。

チワワの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

long-haired-chihuahua-163964_1280
高齢になったチワワのケア

chihuahua-436528_1280
健康チェックで元気に長生き

animals-178808_1280
健康なチワワの選び方

chihuahua-624924_1280
快適な住まいづくり

chihuahua-621112_1280
チワワに必要なお世話

chihuahua-440033_1280
適切なお手入れで病気予防♪

chihuahua-436162_1280
お散歩で免疫力UP

chihuahua-810789_1280
事故予防にはしつけが大事!

chihuahua-453106_1280
社会化でストレス耐性UP

chihuahua-810583_1280
栄養バランスを考えた食事を♪

chihuahua-563671_1280
季節に合わせたケアで病気予防

chihuahua-750624_1280
チワワがかかりやすい病気

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ