【チワワ】犬の寿命を伸ばす飼い方|春夏秋冬編

<スポンサードリンク>

◇ 春 ◇

【不安定な気候】
春の不安定な気候に体調を崩しやすいのは人間も犬も同じ。
急激な気温の変化に注意するようにしましょう。

【ノミ・ダニ】
春はノミやダニが発生する季節です。
こまめにブラッシングをして毛並みを清潔に保ち、ノミやダニを見つけたら取り除きましょう。
市販のノミ避けスプレーをかけたり、敷物をこまめに交換することも大切です。
また、咬まれた跡が赤くなっていたり、全身をかゆがったりするようなら病院で診てもらいましょう。

【強い風】
春は強い風が吹く日が多いです。
チワワの目は大きく、ゴミや埃がつきやすいので、散歩から帰ったら目元をチェックするようにしましょう。

 

◇ 夏 ◇

【梅雨】
梅雨の時期は湿った空気の日が続き、雑菌が繁殖しやすくなります。
毛布やクッションはできるだけ日に干して殺菌しましょう。
また、食べ物も腐りやすいので、少量パックのものを購入したり、密閉容器に入れて保管するなどして食中毒にならないように気をつけましょう。

【熱中症】
夏は熱中症にならないように、しっかりと暑さ対策をしましょう。
自分で体温調節できるように、いつでも涼しい場所に移動できるようにしたり水分補給できるようにしておくことようにしてください。

【エアコン】
暑さ対策にはエアコンを使うことも効果的!!
しかし、人にとって快適な温度が犬にとっても快適だとは限りません。
冷気は下に溜まりやすいので、犬がいるところは意外に寒いことがあります。
毛布などを用意しておき自分で体温調節できるようにしておきましょう。

 

◇ 秋 ◇

【ブラッシング】
秋は寒さに耐えられるように冬用の毛に変わる換毛期。
たくさんの毛が抜けるため不要な毛が溜まりやすくなります。
また、枯草が毛に絡まり毛玉ができやすくなります。
こまめにブラッシングをしてキレイな毛並を保ちましょう。

【夏バテから回復】
夏は暑さによって食が細くなったり運動不足になったりしがち。
体力が衰えていることも多いので、9月になったら徐々に体力を取り戻していきましょう。
いきなり運動量が増えると心臓や足腰に負担がかかるので注意してください。

【肌のかさつき】
秋は空気が乾燥してくる季節。
犬の肌は人間よりもデリケートでトラブルを起こしやすくなっています。
原因となるのは、ストレスやダニ、ホルモンバランスの乱れなど様々なので、かゆがる様子を見せたら病院で診てもらいましょう。

 

◇ 冬 ◇

【静電気】
冬は乾燥していて静電気のおこりやすい季節です。
ナイロン製のブラシは静電気を起こしやすいので避けましょう。
また、フリースなど化学繊維の服は静電気を起こしやすく、被毛を傷めたり毛玉やフケの原因になるのでやめましょう。

【寒さ対策】
一般的に犬は寒さに強いといわれますが、身体の小さなチワワは寒さに強くありません。
寒さで関節リウマチを引き起こしたり体調を崩したりすることがあるので十分気をつけましょう。
また、外と室内の寒暖の差が激しい場合も体調を壊す原因になるので注意してください。

【低温やけど】
冬は暖房器具を使うことも多いと思いますが、ヒーターのそばやこたつの中、ホットカーペットなどには要注意。
長時間温められていると低温やけどになり、数日すると皮膚の色が変化してきます。
放っておくと炎症が悪化することもあるので気をつけましょう。

 

チワワの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

long-haired-chihuahua-163964_1280
高齢になったチワワのケア

chihuahua-436528_1280
健康チェックで元気に長生き

animals-178808_1280
健康なチワワの選び方

chihuahua-624924_1280
快適な住まいづくり

chihuahua-621112_1280
チワワに必要なお世話

chihuahua-440033_1280
適切なお手入れで病気予防♪

chihuahua-436162_1280
お散歩で免疫力UP

chihuahua-810789_1280
事故予防にはしつけが大事!

chihuahua-453106_1280
社会化でストレス耐性UP

chihuahua-810583_1280
栄養バランスを考えた食事を♪

chihuahua-563671_1280
季節に合わせたケアで病気予防

chihuahua-750624_1280
チワワがかかりやすい病気

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ