うさぎの寿命を伸ばす飼い方|生殖器疾患編

<スポンサードリンク>

○ 子宮腺癌

子宮腺癌はうさぎに最も多い病気です。
繁殖経験に関係なく発症し、発生頻度は遺伝、年齢、内分泌要因に影響します。
3歳以下での発症率は4%程度ですが、3歳以上になると50~80%になり老化による変化が大きな原因になっていると考えられます。
病気の進行は比較的遅く、腹膜、リンパ節、肝臓などに徐々に転移していき、肺に転移すると呼吸困難におちいります。
治療しなければ24か月以内に死亡するとされています。

【症状】
・血尿が出る
・乳頭が赤くなる
・乳頭が腫れる
・攻撃性が上がる

【治療】
臨床症状と、腹部、胸部レントゲン検査、超音波検査、尿検査で診断し、早期発見できた場合は卵巣を摘出します。

【予防】
予防のために避妊手術をする場合もあります。
そのほかの対策は特にありません。

 

○ 子宮内膜炎

子宮内膜が炎症を起こすものを子宮内膜炎といいます。
原因となるのは黄色ブドウ球菌、パスツレラマルトシダが多いといわれています。
繁殖経験のないメスでも発症し、年齢が高くなるほど発症しやすくなります。

【症状】
・食欲がなくなる
・元気がなくなる
・腹部が膨張する

【治療】
レントゲン、超音波検査で診断して、早期に発見できた場合は卵巣摘出手術を行います。

【予防】
予防のために避妊手術をしておく場合もあります。

○ うさぎ梅毒

トレポネーマという細菌が原因です
交尾のときに感染するか、出産時や泌乳時に母うさぎから子うさぎに感染します。
寒さやストレスなどにより発症しやすくなります。

【症状】
・生殖器や肛門付近に水ぶくれができる
・顎、鼻、唇、まぶた、耳に潰瘍やかさぶたができる
・流産、子宮炎、不妊症など

【治療】
抗生物質を投与します。

【予防】
繁殖させる前に抗体検査をします。

 

⇒ うさぎが高齢になったら??

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|皮膚疾患編

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|神経系疾患編

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|消化器疾患編

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|歯の病気編

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|泌尿器疾患編

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|呼吸器疾患編

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|その他の病気編

 

⇒ うさぎの寿命を伸ばす飼い方|病気編へ戻る

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ