アメリカザリガニの飼育に向いている人の5つの特徴

<スポンサードリンク>

アメリカザリガニ 寿命

 

アメリカザリガニ

体長:8~12cm
寿命:5年

 

川や池などで野生で生活していることの多いアメリカザリガニ。

飼うのも簡単だと言われていますが注意しないといけない点もいくつかあります。

そのことを踏まえた上で、こんな特徴の方がアメリカザリガニを飼うのにあたって向いている人です。

1. 毎日様子を確認できる

お腹が減っても犬や猫と違い鳴くことができないアメリカザリガニは、弱っていても様子を毎日確認していないと変化に気づけないことがあります。

正しく飼育するためにも、毎日様子を見て状態の確認を行える方が飼育に向いていると言えます。

何か予定があり、一日家を空けてしまうという時には、知り合いに頼んで餌やりなどをお願いしたりすることも大切です。

一日だけと安心せずに毎日状態を気にかけてあげることも飼育する心構えとして大切です。

2. 餌をしっかりあげる

アメリカザリガニは餌が欲しくなっても鳴くことがありません。

そのため、いつのタイミングで餌をあげるかは、全て飼い主の責任になります。

元気そうだからあげなかったでは、飼育の立場としてはよくありません。

決められた時間に餌やりが行える方がアメリカザリガニの飼育に向いているといえます。

今日は大丈夫など、自分で勝手に判断せずにいつも通りに餌をあげる習慣を身に着けることが重要です。

3. 水槽の掃除が苦ではない

アメリカザリガニは餌をあげた時に、一気に食べるのではなく、少しずつ食べる習性があります。

そのため、残りカスなどが水槽に残ってしまうことが多々あり、水も汚れてしまいます。

放っておくと病気にもつながるので、こまめに水槽を掃除できる方の方が飼育に向いています。

思っているよりも水槽が汚れるのが早いので、日ごろから水槽はチェックしておきましょう。

4. 水替えを定期的に行う

アメリカザリガニは水質をすぐに汚してしまう性質を持っています。

そのため、定期的に水替えを行える方が飼育に向いているといえます。

ろ過装置がついている水槽を持っている方でも、水はこまめに変える必要があるので覚えておきましょう。

ろ過装置がついている場合は週に一度、ついていない場合には週に三度は水を変える段取りをしておきましょう。

しっかりカルキ抜きを行い、塩素がなくなっている状態の水にしておくのも忘れないでください、

5. アメリカザリガニの生態を把握している

どのペットにも言えることですが、可愛いというだけでは飼っていけません。

しっかり個々の動物の生態を把握した上で、飼育を行わないとちゃんとした責任を持って育てることができないからです。

特にアメリカザリガニは獰猛な性格をしています。

お腹を空かせている状態であれば、仲間でも共食いを始めたりするため、2匹以上を同じ水槽で育てる場合には細心の注意を払わないといけません。

生態を把握した上で飼おうと思う方がアメリカザリガニを飼うのに向いているので、しっかり生態を勉強した上で飼っていきましょう。

長生きの秘訣は面倒をよく見ること

アメリカザリガニの平均寿命は5年と言われています。

しかし、中には8年以上飼っていたという方もいます。

その違いはやはり面倒をよく見ているかということです。長生きしたアメリカザリガニは、水槽をこめに洗ってもらい、水が常に綺麗な状態が維持されていたといいます。

せっかく飼うのであれば、長い時間一緒に居たいものです。そのためには餌やり、掃除を決められたタイミングで行い、面倒をしっかり見ることです。




<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ