【うさぎの寿命】飼い始めはストレスを与えないで!!

<スポンサードリンク>

horarop6-2

待望のうさぎを飼い始めたら、すぐに抱いたりなでたりしたいと思いますが、いきなり触りはじめると大きなストレスを感じ体調を崩してしまいます。
環境や人に慣れるまでは我慢して、徐々に徐々に触れ合うようにしましょう!!

【ステップ1】
うさぎを家に向かえたら、まずは新しい環境に慣れさせてください。
掃除したりエサをあげたりするとき以外はケージの中に手を入れず、静かに見守りましょう。
まずは、ケージの中を安心できる場所だと感じてもらうためです。

○生後10週くらいまでの子うさぎは、腸内細菌が安定していないので下痢をしやすいです。
巣箱の一部にペットヒーターを敷き、病気の原因となるストレスを与えないようにしましょう。
○エサは依然与えられていたものと同じものを与えてください。
以前のエサに問題があっても、いきなり変えてしまうと腸内の細菌バランスが乱れてしまうためです。

【ステップ2】
ケージ内での生活が落ち着き始めたら、徐々に人の存在に慣れさせましょう。
お世話をするときに声をかけたり、そっと触れてみても良いでしょう。
うさぎが嫌がるようなら、もう少し時間をおいてみてください。

【ステップ3】
人の存在に慣れてきたら、人の手でエサを食べさせてみましょう。
好物をもって直接与えることで、飼い主に懐くようにさせましょう。
名前を呼びながら好物をあげれば、名前を呼んだ時に近寄ってくるようになります。

【ステップ4】
好物をもらうことに慣れてきたら、いよいよ室内遊びです。
ケージの外にだしてうさぎを遊ばせてあげましょう。
そのとき飼い主は無理に触ろうとせず、うさぎの自由にさせてあげてください。
ケージに戻すときも好物を上手く使って、急に人に抱かれる恐怖を与えないほうが良いでしょう。

【ステップ5】
人の存在に慣れケージの外にも慣れてきたら、次はスキンシップです。
スキンシップに慣れることは、飼い主にとってだけではなくうさぎにも大切なことです。
慣れていないと身体を触られるたびにストレスを感じるので、爪切りや動物病院での診察などのときに苦労しますので、早いうちにできるようにしましょう。

○ スキンシップの時はこちらから触りに行くのではなく、うさぎが来るまで待ちましょう。
いきなり腕が伸びてくると驚きますし、頭の上から触られるのは本能的に恐怖を感じるためです。

【ステップ6】
最後のステップは抱っこ。
抱っこが嫌いなうさぎは多いですが、これができないと爪切りや投薬が難しくなるので、嫌がらない程度に慣らしておきましょう。

ネザーランドドワーフの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

rabbit-713489_1280
高齢になったうさぎのケア

rabbit-72192_640
健康チェックで寿命を伸ばそう

bunny-425996_640
うさぎがかかりやすい病気

rabbit-373691_640
健康なうさぎの選び方

hare-414917_640
ストレスの少ない住まい作り

rabbit-629615_640
栄養バランスを考えた食事

nature-73536_640
室内遊びは事故に注意!!

rabbit-466795_640
屋外散歩する前に・・・!

girl-111607_640
適切なお世話で快適に♪

rabbit-717857_1280
グルーミングのやり方

hare-793278_640
たまにはやろう!耳掃除!!

rabbit-214540_640
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ