アメリカザリガニを飼う前に知っておきたいこと!生態や必要な物は?

<スポンサードリンク>

アメリカザリガニ 寿命

 

アメリカザリガニ

体長:8~12cm
寿命:5年

 

今や川や池などに住み着いているアメリカザリガニ。

子どものころによく捕まえて育てていた人も多いのではないでしょうか?

そんなアメリカザリガニを飼おうと思った時よく生態を理解していないと困ることもあるので、しっかり把握しておきましょう。

 

アメリカザリガニの生態

1. アメリカからの外来種

アメリカザリガニは、アメリカから輸入されてきた外来種です。

元々はウシガエルを食用のために輸入して、そのエサとしてアメリカザリガニが輸入されました。

2. 飼育水温は5度~30℃がベスト

基本的に繁殖力が高いアメリカザリガニは、5~30℃で元気に活動します。

しかし、水温が低すぎると土に潜って冬眠を始めるので、しっかり温度の管理を行うことが重要です。

3. 寿命は5年ほど

アメリカザリガニの寿命はおおよそで5年と言われています。

しかし、飼っている状況次第では短命になってしまうケースが多く、水槽の管理などはしっかり行うことが大切です。

4. 淡水で生活できる

日本に生息しているアメリカザリガニは淡水で生活を行うことができます。

そのため、川や池などに行けば捕まえることが可能です。

ただ共食いの可能性があるので、飼うのは一匹にしておきましょう。




飼うのに必要な準備

アメリカザリガニは一般的に生命力が強いと言われています。

だからといって何も準備せずに飼おうと思ってはいけません。

長く飼おうと思うのなら、なおさら準備はしっかり整えておきましょう。

1. 底面積のある水槽

アメリカザリガニは体格が大きいので、十分な底面積の広さがある水槽を用意してあげましょう。

狭すぎるとストレスの元になってしまうので、ある程度は伸び伸び生活できるほどの余裕をあげることです。

2. 底砂

水槽の中には底砂を用意してあげましょう。

冬眠の際に使用したり、触覚の中に入れたりします。

砂を触覚の中に入れるのは自分の平衡感覚を保つためと言われているので、必ず底砂は必要なものです。

3. 隠れ家

アメリカザリガニは神経質な性格から、姿を隠せるような隠れ家が必要です。

壊れた食器などでも良いですが、十分に隠れられるような大きさのものを用意しましょう。

4. フィルター

餌を食べたり、フンをすることで水槽の中の水は汚れてしまいます。

そのため、フィルターの設備は必要になってきます。

特にアメリカザリガニは餌を食い散らかす傾向にあるので、水は綺麗に保つように心がけましょう。

まとめ

日本で繁殖して川や池などで気軽に捕まえることができるアメリカザリガニ。

ただ、すぐに捕まえられるからといって何も準備せずに捕まえるとアメリカザリガニにストレスとなりますし寿命にも響きます。

しっかり準備を整えて、できるだけ長く飼ってあげることを目指してあげてください。

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ