餌は何を食べるの??アメリカザリガニの寿命を伸ばす飼い方!

<スポンサードリンク>

アメリカザリガニ 寿命

 

川や池などで見かけることの多いアメリカザリガニ。

日本全国どこでも見かけることができると言われていますが、家で飼おうと思った時餌は何を食べるのでしょうか?

今回は餌を中心にアメリカザリガニについて解説していきます。

アメリカザリガニの餌

 見た目にもたくましく見えるアメリカザリガニですが、一体普段はどんな餌を食べているのでしょうか?

飼う時には必ず必要になる食料なので、しっかり把握して毎日あげるように心がけていきましょう。

基本的に雑食

アメリカザリガニは何でも食べ、日本全国どこでも繁殖するほどの強い生命力を持っています。

そのため、獰猛な生物とされています。

しかし、同じものを食べていると、栄養も偏る必要があるため、あげるものにはバランスが不可欠です。

 

また、何でも食べるからといって家にあるもの何でもあげるのはいけません。

しっかり栄養のある食べ物をアメリカザリガニにあげるようにしましょう。

水草やコケ

川や池などに生えている水草やコケもアメリカザリガニの餌の一つです。

植物性の餌は栄養バランスがよく重要なものなので、飼う時には水槽の中に入れておいてあげるといいでしょう。

 

ちなみに大きい水草やコケであっても、アメリカザリガニは器用にはさみを使って食べやすい大きさに切ります。

そのため、大きさに気を付けなくてもしっかり食べてくれるので安心してください。

ササミ

野生で生息しているアメリカザリガニは、魚の死骸や貝類を食べて生活しています。

そのため、飼うとなると動物性の餌も与える必要があります。

しかし、魚のなどは時間とともに臭いも強くなるので、あげるとなると抵抗があります。

そんな時は、ササミをあげるといいでしょう。

ササミであれば脂肪が少なく効率よく食事を行うことができます。

大きいとアメリカザリガニのはさみでは切りにくいかもしれないので、食べやすい大きさに切ってあげるといいです。

 

人工飼料

ペットショップで販売されている人工飼料のメリットは栄養バランスと衛生面。

また他の餌に比べ、人工飼料であれば水も汚れにくいため、洗うのが大変という時には人工飼料に切り替えるのもいいでしょう。




アメリカザリガニへの餌の与え方

餌の種類がわかった後は、餌のあげる回数とあげかたのチェックです。

毎日のことなので、正しい方法で実践しましょう。

餌は一日1~2回

アメリカザリガニの餌は、一日1~2回ほどで問題ありません。

しかし、食べ残しがあるようであれば一度取ってからでないと水が汚れてしまいます。

食べ残しがないか確認してから餌をあげましょう。

 

大きい餌はちぎってからあげる

基本的にアメリカザリガニは、餌をはさみで切ってから食べます。

ただ、大きすぎると食べるのに時間がかかってしまうこともあるので、初めから食べやすい大きさに切ってあげることをおすすめします。

 

まとめ

雑食で何でも食べるアメリカザリガニですが、あげる餌は栄養バランスを考えないと早死にしてしまうこともあります。

植物性と動物性をバランスよく、あげるものに困った時は人工飼料を活用するといいでしょう。

 

また餌を食い散らかしてしまうのはアメリカザリガニの特性なので、面倒臭がらずに水が汚れてしまった時には、水槽を綺麗にしてあげることを忘れないでおきましょう。

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ