フェレットの寿命を延ばす飼い方|温度調節編

<スポンサードリンク>

フェレット 温度管理

 

フェレットの飼育には温度調節がとっても大事!

フェレットはもともとは寒い地方の動物ですので、暑さにはとても弱くなっています。

ペット用として育てられたフェレットは快適な環境で育ったため寒さにも弱く、1年中温度調節を心がける必要があります。

今回はそんなフェレットを飼い始めたときに気をつけたい温度調節についてご紹介していきます。

 

フェレットが快適に過ごせる温度調節を!

フェレットが快適に過ごせる温度は15度から23度くらいと言われています。

真冬でも体が冷えることのないようにエアコンの準備を。

地面に近いゲージ内はエアコンをしていても寒くなることがありますので、ハンモックに毛布を敷いたり、ゲージを布で覆ってあげたり、湯たんぽを用意してあげるのもいいですね。

湯たんぽが熱すぎるとフェレットが火傷をしてしまうので、タオルで巻いたり、ぬるめにしておくなどの工夫も必要です。

寒いと運動不足になりがちですので、温かい室内で一緒に体を動かす遊びをしてあげるのもおすすめです。

 

夏場はエアコンで涼しくしてあげてください。

扇風機でもいいように思うかもしれませんが、フェレットは汗をかくことができないのであまり意味がありません。

エアコンの他、お水をたくさんあげるようにしたり、ペットのゲージ用の冷却ボードをゲージに入れておくこともおすすめします。

保冷剤をタオルで巻いたものでも効果がありますよ。

 

フェレットは気温の変化に弱いデリケートな動物ですので、うっかり忘れていた!なんてことのないように最新の注意を払って接してあげましょう。




<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ