フェレットの飼い方で注意すべき食事内容

<スポンサードリンク>

フェレット 寿命

 

フェレット

寿命 : 6年~12年半
サイズ : オス 900~1500g / メス 600~1200g

 

フェレットを飼うにあたって気になるのが食事内容。

フェレットはいったいどんなものをエサにしているんでしょうか。

また、与えてはいけない食べ物はあるのでしょうか。今回はそんな疑問にお応えいたします!

 

フェレットのエサ

 フェレットは肉食系の動物ですので、タンパク質をたくさん与えてあげることが大切です。

なにがいいのか分からないという方も多いと思いますが最初はフェレット専用のエサが販売されていますので、そちらで充分まかなうことができます。

フェレット専用のエサはフェレットに必要な栄養がたくさん入っているので、バランスなどを気にせず気軽に与えることができますよ。

 

食事の他にコミュニケーションの一環としておやつを与えるのも効果的です。

フェレット用のおやつやペット用の缶詰などを、適量を見ながら与えるようにしてください。

フェレットのエサの時間は基本的にいつでも大丈夫と言われています。

エサ皿がなくなっていたり、フェレットが興味を示さなくなったらエサ皿を清潔にしてまたエサを補充しておいてあげましょう。

フェレットに食べさせてはいけないもの

 フェレットは人によくなつき、人が何か食べていると同じものを欲しがることもあります。

しかしフェレットに与えてはいけない食べ物もたくさんありますので、基本的にフェレット用の食べ物以外は与えないようにしてください。

フェレットに食べさせてはいけないものの代表としてはチョコレート、乳製品、コーヒー、ナッツ、スナック、アルコール、玉ねぎなどがあります。

意外かもしれませんが、繊維の多い野菜や果物もフェレットがお腹を壊すことがありますので注意してください。

また、ゲージの中ではトイレとエサ皿は離れたところに設置しましょう。

トイレ用の砂がエサの中に入ると、うっかりフェレットが食べてしまった場合体調不良を起こしてしまします。

 

フェレットの飼い方で注意すべき食事内容:まとめ

フェレットの食事について注意すべき点をご紹介いたしました。

フェレットは食べさせてはいけないものさえ与えなければ、フェレット用のエサもありますのでそこまで食事内容に困るということはありません。

ですが定期的に便の様子を見て、エサが体に合っているかをチェックしてあげてくださいね。




<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ