【アメリカンファジーロップ】うさぎの寿命を伸ばすには?|室内遊び編

<スポンサードリンク>

amefaji4-2

アメリカンファジーロップは好奇心旺盛な長毛種。
なので、室内遊びの時には変なものを食べたり身体が汚れたりしないように、適切な環境を整える必要があります。
遊ばせる前に室内遊びのポイントと注意点をしっかりチェックしておきましょう。

 

◇ 室内遊びのポイント ◇
一日中ケージの中で過ごすと運動不足になり、大きなストレスにもなります。
運動不足は肥満につながり、ストレスは様々な病気の原因になります。
なので、できるだけ毎日室内遊びをさせてあげましょう。

○ 飼い始めは慎重に
新しい環境になって2~3日はケージ内の生活に慣れておらず、さらに慣れないケージの外に出されると大きなストレスになります。
また、アメリカンファジーロップは子どものときは体調も崩しやすく、長時間外で遊ばせると疲れがたまり病気にかかりやすくなります。
飼い始めはあまり長く室内遊びをさせないようにしましょう。

○ フローリングはNG
うさぎの足は、猫などと違い毛で覆われています。
なので、フローリングの床では滑ってしまいます。
室内遊びをするスペースは、絨毯やコルクボードを敷いて動きやすいようにしましょう。
また、毛の一本一本が輪っかになっている絨毯がありますが、うさぎの爪が引っかかるとケガをする可能性がありますので、目の詰まった絨毯を使いましょう。

○ 遊び道具を用意する
好奇心旺盛なアメリカンファジーロップの興味を刺激するように、遊び道具を用意しましょう。
ダンボールを使えばトンネルも作れますし、ウッドチップをダンボールに入れれば穴掘り遊びもできます。
牧草ボールを転がして遊ぶのも良いでしょう。
ペットショップに遊び道具が売っていると思うので、好みの遊び道具を見つけるためいくつか試してみましょう。

○ サークル内で遊ばせる
室内遊びをさせるために部屋全体を準備するのは意外と大変!!
そこで活躍するのがサークル。
高さが70㎝以上ある柵で囲えば、うさぎが飛び越える心配もなく、安心して遊ばせることができます。

 

◇ 室内遊びの注意点 ◇

○ かじるものはガード
うさぎは様々なものをかじります。
柱や家具、電気コードなど。
かじられたくないものや、かじると危ないものはガードしておきましょう。

○ 植物を食べさせない
部屋に置いてある観葉植物や園芸植物の中には、うさぎにとって有毒なものもあります。
また、植物自体は大丈夫でも、防虫剤や化学肥料が健康を損なう可能性も高いです。
なので、部屋にある植物が食べられないようにしておきましょう。

○ すき間をふさぐ
うさぎは狭いところが大好きです。
好奇心旺盛で長毛種のアメリカンファジーロップが家具などのすき間を見つければ、どんどん入っていってしまいます。
しかし、家具のすき間はほこりも多く、長い毛にたっぷりついてしまうことに。
輪ゴムやビニールひもが落ちていて食べてしまうなんてこともあるいます。
なので、すき間に入っていかないように事前に塞いでおきましょう。

○ 脱走
人間の住む環境は、うさぎにとって危険がいっぱい。
なので、あらかじめ決めておいた場所から脱走させないようにドアなどをしっかり確認しておきましょう。

○ 高いところに登らせない
うさぎはもともと地中にいることが多く、高いところには行きませんでした。
なので、脚力が強いわりに骨は弱く、高いところから飛び降りると骨折する恐れがあります。
室内遊びの時には、椅子などうさぎが登ってしまいそうなところは無くしておきましょう。

アメリカファジーロップの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

うさぎ 寿命
高齢になったうさぎのケア

うさぎ 寿命
健康チェックで寿命を伸ばそう

うさぎ 寿命
うさぎがかかりやすい病気

うさぎ 寿命
健康なうさぎの選び方

うさぎ 寿命
ストレスの少ない住まい作り

うさぎ 寿命
栄養バランスを考えた食事

うさぎ 寿命
室内遊びは事故に注意!!

うさぎ 寿命
屋外散歩する前に・・・!

うさぎ 寿命
適切なお世話で快適に♪

うさぎ 寿命
グルーミングのやり方

うさぎ 寿命
たまにはやろう!耳掃除!!

うさぎ 寿命
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ