メダカの寿命を伸ばす飼い方|屋外飼育編

<スポンサードリンク>

メダカ 寿命

 

メダカはもともと小川や田んぼで生活しています。

なので、屋外で飼育することもできます。

ここでは寿命を伸ばす飼い方を紹介。

飼育道具や野外ならではの危険なども紹介します。

 

 

水槽の選び方

 

屋外で飼育する場合は、光が入りすぎないようガラス製でないものを選びます。

また、メダカは水面近くに生息しているため、底が深すぎず水面が広いと良いでしょう。

 

【発砲スチロウールの箱】

丈夫で手に入りやすく、メダカの飼育に最も適しています。

外気の影響も受けにくいので、水温を一定に保つことができます。

ただ、見栄えがイマイチなのと、白い容器なので色の薄いメダカは目立たなくなるというデメリットがあります。

 

【スイレン鉢】

ホームセンターなどで購入可能。

陶器製のものや合成樹脂製のものがあります。

水草やスイレンと一緒にメダカを入れて鑑賞するのがオススメです。

 

【プランターやバケツ】

プランターの底穴を塞いだものやバケツ、タライを利用したものです。

見栄えを気にしなければ、使用しても良いでしょう。

 

 

※ メダカの品種

屋外で飼う場合は、ガラスの水槽のように横から眺めることができません。

なので、上から見て美しい品種がオススメ。

背中が光るヒカリメダカや、「小さな錦鯉」と呼ばれる更紗メダカを飼うと、キレイに見えます。

 




水質の管理方法

 

屋外では風によって水面から酸素が取り込まれるので、酸欠の心配はほとんどありません。

また、植物性プランクトンや藻が自然と発生するので、水質管理はあまりしなくて大丈夫です。

ただ、水草が増えすぎると酸欠になることがあるので、たまに増えすぎていないか確認しましょう。

 

【温度管理】

野外は急激に温度変化することがないので、特に気にする必要ありません。

夏場だけ、水温が上がりすぎていないか気を配ってあげると良いでしょう。

 

【水替え】

外で飼育している場合は、水替えの必要はありません。

容器の中で光合成が行われ、自然な環境ができあがるためです。

ただ、毎日少しずつ水が蒸発していくので、時々カルキ抜きした水を足してあげましょう。

 

【季節ケア】

夏は水温が熱くなりすぎるようなら、よしずなどで影を作ってください。

また、水草が増えると酸欠になるので気をつけましょう。

冬は、気温が5度近くに下がるとメダカは冬眠してしまいますが、とくに手を加えず春が来るのを待ちましょう。

 

 

<<  1  2  3  >>

 




メダカの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

メダカ寿命1
1、メダカの飼い方TOP

メダカ寿命2
2、健康なメダカの選び方

メダカ寿命3
3、飼育準備と水槽のセット

メダカ寿命4
4、水の管理方法

メダカ寿命5
5、健康を保つエサの与え方

メダカ寿命6
6、病気対策と病気一覧

メダカ寿命7
7、屋外飼育のやり方

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ