メダカの寿命を伸ばす飼い方|エサの与え方編

<スポンサードリンク>

メダカ 寿命

 

メダカは食いだめができない魚。

そのため、いつでもエサを求めるように口をパクパクさせます。

しかし、可愛いからといってエサをあげすぎると、肥満になり病気の原因となってしまいます。

自然界では少し空腹位が普通ですので、エサは少量ずつ2~3分で食べきれる量をあげましょう。

与えすぎは、メダカの消化器官に負担をかけるだけでなく水質汚染のもとになってしまいます。

 

ちなみに、ドライフードで育てる場合、たまにイトミミズなどの活餌を与えると健康に育ちます。

 

エサの与え方

○ 稚魚

稚魚は身体も口も小さいので、エサはドライフードをすり鉢でパウダー状にして与えます。

頻度は一日3回。

朝昼晩にあげるのが良いでしょう。

 

○ 成魚

大人になったら、ドライフードをそのまま与えて大丈夫です。

可能であれば活餌や冷凍のエサも与えると、より健康になります。

頻度は一日2回。

朝と夕方が良いでしょう。

 

○ 産卵期

産卵の時のエサやりは、基本的に成魚と同じですが、活餌の割合を増やしてあげると喜びます。




エサの種類

○ ドライフード

もっとも一般的なエサ。

入手がラクで、保存も密封して日陰に置いておけば問題ありません。

稚魚には粒の小さいもの。

成魚には大きいものを用意してあげましょう。

選ぶときには水に溶けにくいエサにすると、水を汚さなくてすみます。

 

○ 活餌

イトミミズやアカムシなど、身近な自然から入手できるエサです。

夏場になると水たまりにボウフラが発生しますが、それも喜んで食べます。

活餌は新鮮さが大切なので、入手するときはメダカが食べきれる分だけ取りましょう。

 

○ 冷凍のエサ

活餌を手に入れにくい場合は、冷凍のミジンコやブラインシュリンプなど利用しても良いでしょう。

値段は少し高いですが、入手が簡単で保存も冷凍庫で保管しておけば大丈夫です。

 

メダカの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

メダカ寿命1
1、メダカの飼い方TOP

メダカ寿命2
2、健康なメダカの選び方

メダカ寿命3
3、飼育準備と水槽のセット

メダカ寿命4
4、水の管理方法

メダカ寿命5
5、健康を保つエサの与え方

メダカ寿命6
6、病気対策と病気一覧

メダカ寿命7
7、屋外飼育のやり方

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ