【ドワーフホト】うさぎの寿命を伸ばすには?|室内遊び編

<スポンサードリンク>

dowahoto5-2

ドワーフホトはネザーランドドワーフと比べて若干大きく、臆病さが少ないのが特徴です。
なので、室内遊びでは壁やコードなどしっかりガードしておく必要があります。
ケージの中だけで一日中過ごすと運動不足にもストレスにもなるので、できるだけ毎日室内遊びをさせましょう。

 

◇ 室内遊びのポイント ◇

○ ケージに慣れてから遊ばせる
室内遊びはできるだけ毎日と書きましたが、飼い始めだけは違います。
環境が変わるとそこに慣れるまで大きなストレスを感じています。
そんな中、室内という広い空間に放されてしまうと、さらに落ち着かなくなってしまいます。
まずは、2~3日待って、ケージに慣れてから室内遊びを始めましょう。

○ 部屋の床
ドワーフホトの足の裏には短い毛が生えています。
室内散歩の時に床がフローリングだと滑って上手く動き回れません。
なので絨毯やコルクボードを敷いておきましょう。
また、絨毯を敷く場合はループ状の毛のものだと爪が引っかかる恐れがありますので、輪っかになっていないものを使ってください。

○ 部屋での遊び
ケージの外に出してあげるだけでも良いですが、できたら楽しく遊べるように工夫しましょう。
おすすめはダンボール。
箱をつなげれば巣穴のようなトンネルを作ることができますし、重ねておけば穴掘り遊びができます。
ほかにも、牧草ボールなどもペットショップで販売されているので、それを使っても良いでしょう。

○ 柵を使う
うさぎが室内を動き回れるように、片づけをしたりガードしたり準備するのが大変。
そんな人は室内散歩用の柵を使うと良いでしょう。
範囲を限定できるので、思わぬケガの防止になりますし、コルクなどを床に敷くときも狭い範囲で済みます。

 

◇ 室内遊びの注意点 ◇

○ 電気コード
電気コードや柱、壁、プラスチックや新聞など、うさぎは何でもかじってしまいます。
電気コードをかじると火災や感電の恐れがありますし、プレスチックや新聞紙をかじるとお腹を壊してしまう恐れがあります。
木製の柱はうさぎが好んでかじるためガードする必要があります。
室内遊びをさせるときは危険がないように、しっかり準備しましょう。

○ 毒性のある植物
観葉植物や園芸植物の中には毒性のあるものがかなりあります。
植物自体に毒性がなくても化学肥料や防虫剤などが健康を損なう可能性も高いです。
うさぎの腸内は繊細なため、間違って食べてしまわないようにほかの場所に移しておくのが無難です。

○ 家具のすき間
うさぎはもともと巣穴に住んでいたため、狭いところが大好き。
テレビの裏やタンスのすき間など、どんどん入っていってしまいます。
しかし、すき間にはほこりが溜まりやすく、気づいていない配線が通っているかもしれません。
室内遊びをさせるときは、すき間に入らないようにしっかりガードしておきましょう。

○ 脱走
あまり多くはないと思いますが、脱走にも注意しましょう。
室内遊び用に準備した部屋と違って、ほかの部屋やベランダには危険がいっぱいです。
ドアは閉まっているか、窓は開いていないかなど確認して、誤って外に出てしまわないようにしましょう。

○ 高いところ
うさぎは骨が比較的弱く、高いところから飛び降りると骨折する恐れがあります。
なので、高いとこに登らないように工夫が必要です。
例えば、室内にイスとテーブルがあった場合は椅子を利用してテーブルに飛び乗ってしまうことがあります。
なので、いすをテーブルの上にあげておくなど、ジャンプしても登れないようにしておきましょう。

ドワーフホトの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

rabbit-713489_1280
高齢になったうさぎのケア

rabbit-72192_640
健康チェックで寿命を伸ばそう

bunny-425996_640
うさぎがかかりやすい病気

rabbit-373691_640
健康なうさぎの選び方

hare-414917_640
ストレスの少ない住まい作り

rabbit-629615_640
栄養バランスを考えた食事

nature-73536_640
室内遊びは事故に注意!!

rabbit-466795_640
屋外散歩する前に・・・!

girl-111607_640
適切なお世話で快適に♪

rabbit-717857_1280
グルーミングのやり方

hare-793278_640
たまにはやろう!耳掃除!!

rabbit-214540_640
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ