金魚の寿命を伸ばす飼い方|水質管理編2

<スポンサードリンク>

ryukin-315995_640

 

金魚は犬や猫と違い、水のなかで過ごします。

そのため、排泄物やエサの食べ残しがダイレクトに生活環境に影響します。

なので、水を浄化させる仕組みを作って、常に快適に過ごせるようにしましょう。

また、酸素の補給も忘れずに。

 

バクテリアで水を浄化

小石や砂の表面、池の壁などにはバクテリアが自然に繁殖します。

池や川では、このバクテリアが活躍して水を浄化しているのです。

特に「金魚→バクテリア→植物」の循環がスムーズな池は、いつもキレイに保たれます。

水槽の中で完全に再現するのは難しいですが、小石や砂などを敷いて、バクテリアが繁殖できる場所を作ってあげるのも良いでしょう。

 

ろ過装置を使って水を浄化

小さな水槽で自然のバランスを保つのはとても難しいことです。

なので、ろ過装置を使うと良いでしょう。

ろ過装置は、バクテリアの住むろ過材を通して水をろ過。

酸素を補給して水槽に戻すことができます。

これを使うだけで、金魚の住み心地は大きく変わるので、ぜひ取り入れてみてください。

ちなみに、ろ過装置には底面式・側面式・上面式があります。

 

酸素不足は死に直結

人間も魚も酸素を取り入れてエネルギーを生み出します。

なので、酸素が少なければ息苦しくなり、場合によっては死んでしまいます。

金魚が水面に口を出してパクパクするようになったら酸素が足りていないということなので、エアーポンプを使って酸素を足してあげましょう。

 

また、冬場は問題なかった金魚たちも、夏になって酸素不足に陥ることがあります。

これは金魚が活発になって酸素の消費量が増えるほか、水温が高くなって酸素が水に溶けにくくなったことが原因です。

なので、一つの水槽には、夏場でも息苦しくならない数の金魚を入れましょう。




金魚の寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

選び方
1、金魚を選ぶポイント

住まい環境
2、快適な住まいの作り方

水の管理
3、水の管理が何より重要!

えさの与え方
4.適切なエサやりで健康に!

季節対策
5、季節ごとに気をつけること

病気対策
6、金魚がかかりやすい病気

金魚 感覚
7、金魚の身体感覚Q&A

金魚 寿命
8、その他のQ&A

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ