金魚の寿命を伸ばす飼い方|水の温度編

<スポンサードリンク>

金魚 寿命

 

金魚が生存できる水温は1℃~35℃。

しかし、これはあくまでも長い時間かけて慣らせば耐えられるという水温で、適温は15~28℃。

夏や冬もできるだけこの温度を保ちましょう。

 

また、変温動物の金魚は急激な温度変化に弱いため、水を交換するときや冬場の暖房などに注意が必要。

水温が急に5℃以上変化すると、死んでしまうこともあるので気をつけましょう。

 

 水温の変化による金魚の状態

【水温5℃以下】

5℃以下の水温ではほとんど冬眠状態。

水底でじっとしていて、エサも食べません。

家で飼う場合は、水温が低くなりすぎないように気をつけましょう。

 

【水温10~15℃】

エサを食べるようになるのは10℃を超えてから。

しかし、金魚は変温動物なのでまだまだ活発に動けません。

 

【水温15~20℃】

15℃を超えると、比較的活発になってきます。

エサも積極的に食べるようになるので、冬場もこれくらいの温度を保つと良いでしょう。

 

【水温20~28℃】

金魚にとって一番快適な温度。

活発に動くようになり、食欲もアップします。

一番成長する温度でもあります。

 

【水温28℃以上】

28℃を超えると、徐々に金魚の動きも鈍くなっていきます。

エサを食べる量も減ってしまいます。

 

○ 温度管理のポイント

金魚を飼育するときの適温は15~28℃。

成長させたいなら20~28℃が良いです。

ヒーターやサーモスタットを使って、水温を一定に保ちましょう。

また、一日の温度差が少ない部屋に水槽を設置することも大切です。

 

>>水質管理のポイントへ




金魚の寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

選び方
1、金魚を選ぶポイント

住まい環境
2、快適な住まいの作り方

水の管理
3、水の管理が何より重要!

えさの与え方
4.適切なエサやりで健康に!

季節対策
5、季節ごとに気をつけること

病気対策
6、金魚がかかりやすい病気

金魚 感覚
7、金魚の身体感覚Q&A

金魚 寿命
8、その他のQ&A

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ