【ミニレッキス】うさぎの寿命を伸ばすには?|お世話編

<スポンサードリンク>

ひとなつっこく、ベルベットのような触り心地が魅力のミニレッキス。
長く健康でいてもらうためには、日々のお世話が大切。
ストレスを溜めさせないようにケージの外で遊ばせたり、衛生状態を保ち病気にならないようにしたりするなどして、健康に気をつかいましょう。

 

◇ 掃除 ◇

・トイレの砂(ペットシートの交換)
・ケージ底のペットシートや新聞紙、牧草を交換

基本的に毎日やってもらいたいのが、トイレの砂の交換と、ケージ底のペットシートの交換です。
トイレの砂は汚れたところだけ交換すれば十分で、ペットシートもすぐ交換できるので、あまり負担にはならないでしょう。
逆に、キレイに保ちたいからといって掃除しすぎるのはNG。
うさぎには縄張り意識があり、自分のニオイがしないところでは落ち着けないためです。

 

◇ エサ ◇

エサは朝と夜にペレットをあげましょう。
また、ミニレッキスは食欲旺盛なため牧草も一緒にチェック。
ペレットも牧草も時間とともに風味が落ちてしまいますので、エサをあげるときには残っているものを全て取り除きましょう。
お水は給水ボトルを軽くゆすいで、中身を交換すれば大丈夫です。

 

◇ 身体のケア ◇

・エサの食べ残しチェック
いつもと同じ量なのに食べ残しがある。
こんな場合は、体調に問題を抱えている可能性があります。
身体や動き、フンなどを注意深く観察してみましょう。
また、食べこぼしが多い場合は不正咬合の可能性があるので、2~3日続くようならお医者さんに診てもらいましょう。

・トイレチェック
排泄物は動物の体調を知る貴重な手がかり。
フンが柔らかすぎたり、尿の色がいつもと違う場合は何か不調を抱えている可能性が高いです。

・室内遊び
ミニレッキスは活発でよく動きます。
なので、一日中ケージの中で過ごすのは大きなストレスに!!
毎日1回はケージから出して動き回れるようにしてあげましょう。

・全身チェック
ケージの外に出したときに、スキンシップを取りながら全身をチェックしましょう。
ケガをしていないか、湿疹はないか、耳から異臭はしないかなど、毎日健康状態を確認すると病気の場合もすぐに治療できます。

 

◇ そのほかのお世話 ◇

上で紹介したものは、できるだけ毎日実践してもらいたいものですが、そのほかに時々やって欲しいものを紹介。

【2~3日に一度】
ミニレッキスは足の裏の毛も短いため、ケージの床には木製のスノコを使います。
ただ、スノコは汚れやすく細菌も繁殖しやすいため、定期的に掃除する必要があります。
2~3日に一度、スノコを洗い天日干ししてキレイにしましょう。

【一週間に一度】
エサ入れや給水ボトルは長期間使っていると細菌が繁殖してきます。
なので、ときどき消毒しましょう。
哺乳瓶用の漂白剤を使うのが安全で簡単ですが、煮沸消毒やアルコール消毒でも良いでしょう。
また、ミニレッキスは毛が短いのでブラッシングを毎日やる必要はありません。
換毛期以外は一週間に一度程度で十分でしょう。
爪切りは様子を見ながら行ってください。

【一ヶ月に一度】
ケージの洗浄は頻繁にやりすぎるとニオイが消えて落ち着かなくなるので、一ヶ月に一度くらいを目安に。
うさぎのおしっこが白くこびりついていることがありますが、酸性のお酢などでふき取るとキレイにすることができます。

【一年に一度】
定期的に動物病院で健康診断を受けておくと、病気になったときも安心です。
4歳をこえたら老化がはじまるので、半年に一回通って、サプリメントなどのアドバイスを受けるのも良いでしょう。

ミニレッキスの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

うさぎ 寿命
高齢になったうさぎのケア

うさぎ 寿命
健康チェックで寿命を伸ばそう

うさぎ 寿命
うさぎがかかりやすい病気

うさぎ 寿命
健康なうさぎの選び方

うさぎ 寿命
ストレスの少ない住まい作り

うさぎ 寿命
栄養バランスを考えた食事

うさぎ 寿命
室内遊びは事故に注意!!

うさぎ 寿命
屋外散歩する前に・・・!

うさぎ 寿命
適切なお世話で快適に♪

うさぎ 寿命
グルーミングのやり方

うさぎ 寿命
たまにはやろう!耳掃除!!

うさぎ 寿命
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ