【アメリカンファジーロップ】うさぎの寿命を伸ばすには?|お世話編

<スポンサードリンク>

アメリカンファジーロップは毛が長くて柔らかく、触るととても気持ちが良いです。
その分、少しだけお世話の手間がかかります。
衛生的な環境で育てられるよう、こまめに手入れしましょう。

 

◇ 掃除 ◇

・トイレの砂(ペットシートの交換)
・ケージ底のペットシートや新聞紙、牧草を交換

アメリカンファジーロップは長毛種のため抜け毛をこまめに捨てる必要があります。
特に換毛期にはたくさんの毛が抜けるため、毎日ケージ底のペットシートや新聞紙を交換しましょう。
また、毛が5cm以上あるため排泄物が毛にくっつきやすく、注意が必要です。
トイレの砂も汚れている部分はすぐに変えましょう。

 

◇ エサ ◇

エサにはペレット、牧草、野菜をあげます。
ペレットは朝と夜の2回、牧草と野菜は一日1回与えるのが理想です。
エサを与えるときは、前にあげたエサは処分し新しいものに交換してください。
また、エサの食べ残す量や残し方をみて、健康状態をチェックすることも大切です。
お水は給水ボトルを軽くこすってゆすぎ、新しいお水に入れ替えましょう。

 

◇ 身体のケア ◇

・食べ残しをチェック
不正咬合になっていると上手く食べられないため、食べこぼしが多くなります。
また、体調が悪い場合やペレット・牧草以外のエサが多かった場合は、食べ残しが多くなります。

・排泄物の確認
排泄物チェックは動物の健康管理に欠かせません。
フンは普段と変わらずコロコロと丸く適度な硬さがあるか、尿は黄色で血は混じっていないかなど、毎日確認しましょう。

・室内散歩
一日中ケージの中にいると運動不足になりストレスも溜まります。
柵で囲ったサークル内でも良いので、一日一回ケージの外で遊ばせましょう。

・全身のケア
グルーミングをしているときや、一緒に遊んでいるときに身体の湿疹やケガ、目ヤニなどがないか確認しましょう。

 

◇ そのほかのお世話 ◇

【2~3日に1回】
アメリカンファジーロップは長毛種ですが、比較的手入れがしやすく換毛期以外は2~3日に一回グルーミングすれば十分です。
また、グルーミングのときに体重測定をおこない記録しておくと体調の変化が分かりやすく、病気を早く治せるようになります。

【一週間に一回】
給水ボトルやエサ箱は知らないうちに細菌が繁殖することがあります。
一週間に一回殺菌消毒しましょう。
煮沸やアルコールで消毒しても良いですし、哺乳瓶用漂白剤を使用しても構いません。

【状況に応じて】
ケージが汚れてきたら洗いましょう。
ケージやトイレにこびりついた白いものは、うさぎの尿なので、お酢で拭けば取れます。
爪切りも重要なお世話の一つ。
長くなりすぎると金網や室内の床にひっかかりケガをしやすくなります。
グルーミングの時に一緒にチェックして長くなっていたら切りましょう。

【1年に1回】
できたら1年に1回、動物病院で健康診断を受けましょう。
いつも診てもらっている病院があると病気になった時にすぐ診てもらえますし、病気の早期発見早期治療ができます。
4歳を過ぎたら老化が始まるため、半年に1回診てもらいましょう。

アメリカファジーロップの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

うさぎ 寿命
高齢になったうさぎのケア

うさぎ 寿命
健康チェックで寿命を伸ばそう

うさぎ 寿命
うさぎがかかりやすい病気

うさぎ 寿命
健康なうさぎの選び方

うさぎ 寿命
ストレスの少ない住まい作り

うさぎ 寿命
栄養バランスを考えた食事

うさぎ 寿命
室内遊びは事故に注意!!

うさぎ 寿命
屋外散歩する前に・・・!

うさぎ 寿命
適切なお世話で快適に♪

うさぎ 寿命
グルーミングのやり方

うさぎ 寿命
たまにはやろう!耳掃除!!

うさぎ 寿命
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ