【ドワーフホト】うさぎの寿命を伸ばすには?|お世話編

<スポンサードリンク>

ドワーフホトはネザーランドドワーフが元となっている品種です。
なので、お世話の方法は基本的にネザーランドドワーフと同じです。
ただ、子供の時は身体が弱い個体が多いので、ストレスを与えたり不衛生な環境にしたりしないようにしましょう。

 

◇ 掃除 ◇

・トイレの砂(ペットシートの交換)
・ケージ底のペットシートや新聞紙、牧草を交換

ネザーランドドワーフと同じようにケージの床は金網タイプを使用していると思います。なので、毎日の掃除はトイレの砂の交換とケージの底の交換だけで大丈夫です。
トイレの砂は全部変えずに、汚れたところだけ変えてください。
ニオイを多少残すことで、自分のニオイを感じ取り落ち着くことができます。

 

◇ エサやり ◇

水は時間が経つと塩素が抜け細菌が繁殖しやすくなります。
牧草は時間の経過とともに香りが落ちます。
なので、水と牧草は毎日変えましょう。
ペレットは朝と夜に与ええください。
食べ残しのペレットは風味や衛生面が劣るため、すべて交換しましょう。

 

◇ 身体のケア ◇

・エサの食べ残しチェック
毎日同じ量のエサを与えていると、ときどきエサを残すことがあります。
そんな時は身体を壊している可能性があるので、遊ばせすぎないように注意しましょう。
また、前日に与えた野菜などの量や種類を確認してみましょう。
また、不正咬合だと食べこぼしが多くなるので、ペレットの残し方も合わせてチェックしてください。

・トイレチェック
フンや尿のチェックも身体のケアには大切。
便は柔らかくないか、尿は茶色くなっていないかなど見るようにしましょう。

・全身チェック
できるだけ毎日うさぎをケージの外に出して、全身をチェックしましょう。
ケージの中で遊ぶことでストレス解消になり、同時に湿疹やケガなど、身体の不調を確認する機会にもなります。

 

◇ そのほかのお世話 ◇

上の事項はできるだけ毎日行いましょう。
そのほかのお世話には、一週間ごとにやる「エサ入れ・給水ボトルの殺菌」、様子を見ながら定期的に行う「ケージの洗浄」「ブラッシング」「爪切り」「体重測定」、1年に一回の健康診断があります。

エサ入れや給水ボトルは一週間に一度、哺乳瓶用の漂白剤を使うとキレイになります。
化学物質を避けるなら、煮沸消毒でも構いません。

ケージの洗浄は汚れてきたらやるようにしましょう。
ニオイが完全に消えると、うさぎにとってストレスになるので、やりすぎ注意です!!

ドワーフホトは白い毛並みがとてもキレイなので、2日に一回程度ブラッシングすることで美しく保てます。

爪は伸びたらケガ防止のために切る、体重は健康状態を知る目安にするために数日に一回測るのが理想です。

動物病院に行って定期的に診てもらうことで、病気の早期発見ができ治りも早くなります。
事前にうさぎを診てもらえる病院を見つけておきましょう。

ドワーフホトの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

rabbit-713489_1280
高齢になったうさぎのケア

rabbit-72192_640
健康チェックで寿命を伸ばそう

bunny-425996_640
うさぎがかかりやすい病気

rabbit-373691_640
健康なうさぎの選び方

hare-414917_640
ストレスの少ない住まい作り

rabbit-629615_640
栄養バランスを考えた食事

nature-73536_640
室内遊びは事故に注意!!

rabbit-466795_640
屋外散歩する前に・・・!

girl-111607_640
適切なお世話で快適に♪

rabbit-717857_1280
グルーミングのやり方

hare-793278_640
たまにはやろう!耳掃除!!

rabbit-214540_640
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ