猫の寿命を伸ばす飼い方~健康チェック編~

<スポンサードリンク>

cat-787798_1280

 

野生の動物は弱っているところを見せると敵に狙われやすくなります。

なので、体調が悪かったりケガをしていても隠そうとします。

元気そうに見えても実は病気ということもあるので、日々の健康チェックで早期に発見できるよう心がけましょう。

 

各パーツのチェック

○ 耳

病気になると耳垢が多くなったり悪臭がすることがあります。
耳をしきりにかくようなら耳疥癬や外耳炎の可能性があるので注意しましょう。

○ 目

目ヤニや涙がでてないか。
目の周りが晴れていないか。
充血していないかなどをチェック。
結膜炎や角膜炎などの病気になると失明することもあるので異変を感じたら早めに治療をしましょう。

○ 鼻

鼻水が出ていたり呼吸しずらそうにしていないかチェック。
また、起きているときは軽く湿っているのが正常なので乾いていないかも見ておきましょう。
猫風邪などの場合、はじめは水っぽい鼻水。
症状が悪化するとドロッとした黄色い鼻水になり蓄膿症につながることもあります。

○ 口

何度もくしゃみやせきが出る。
よだれが止まらないなどの症状があった場合、病気の可能性があります。
口内炎などで食事がまともにできなくなると一気に寿命が短くなるので気をつけましょう。

○ 被毛

猫が一か所を執拗に舐めている場合、皮膚炎を起こしている可能性があります。
また、過度にストレスがかかっている可能性もあります。
フケや脱毛も不調のサインなので、違和感を感じたら病院へ。

○ しこり

触ると嫌がったり痛がったりする場所がある。
コリコリとしたしこりがある。
スキンシップの時にチェックしておくと、がんの早期発見につながります。

 

排泄物のチェック

○ おしっこ

猫はもともと尿量が少ないため腎臓に負担がかかりやすい病気です。
おしっこに血が混じっていたり、量がいつもと違ったり、色が濃すぎたりする場合は要注意。
おしっこが出なくなって1日で命を落としてしまうケースもあるので、普段からおしっこの状態を確認しておきましょう。
おしっこの量は砂の固まりの大きさやシーツのシミの大きさを目安にするといいでしょう。

○ うんち

人間と同じで、うんちは体調を知るのに大きな手掛かり。
片付けるときに下痢っぽくないか、血がついていないか、寄生虫がついていないかなど確認しましょう。
正常なら硬くてコロコロしたうんちのはずです。

ねこのきもち

行動をチェック

○ 吐く

猫はもともとよく吐く動物です。
ただ、毎日吐いたり、1日に何度も吐いたり、吐いた後に元気がない場合は病気になっている可能性があります。

○ 食べる

食欲に変化がみられたり、水を大量に飲んだりするのは病気の合図かもしれません。
体調が悪いときには消化のエネルギーを免疫に回すのであまり食べなくなりますし、腎不全などになると大量に水を飲むようになります。

○ 鳴く

発情期に鳴いたり、他の猫の鳴き声に反応して鳴くのは問題ありません。
ただ、トイレ中に苦しそうに鳴いたり、唸るように鳴く場合はどこかに不調を抱えている可能性があります。

○ 寝る

猫はよく寝る動物。
ただ、いつもよりよく寝たり、隠れるように寝ているときは体調が悪いのかもしれません。

 

⇒ 健康診断の受け方

⇒ ワクチン接種で病気を防ごう

⇒ ワクチン接種のQ&A

⇒ 排泄物の検査方法

⇒ 寄生虫対策

⇒ 去勢・避妊手術

 




猫の寿命を延ばす飼い方 記事一覧

高齢変化
高齢になったら適切なケアを!

健康チェック
健康チェックを定期的に!

介護
看病・介護のやり方

応急処置
応急処置を覚えておこう!

動物病院
動物病院の使い方

季節
季節ごとのケア

事故防止
事故を未然に防ごう

エサの与え方
エサを調節して健康に

お手入れ
猫に必要なお手入れって?

部屋作り
快適な部屋作りを♪

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ