猫の寿命を伸ばす飼い方~動物病院編~

<スポンサードリンク>

猫 寿命

動物病院へ連れていくときは、必ずキャリーバッグに入れていきましょう。

キャリーバッグは脱走を防ぐだけでなく、外の刺激から猫を守ることにもつながります。

オススメはプラスチック製のハードタイプのものですが、甘えん坊の猫なら体温が伝わる布製のバッグでも良いでしょう。

 

いざ病院へ行くとなったときに、はじめてキャリーバッグを使う。

これでは、猫に大きな負担となってしまいます。

なので、普段からキャリーバッグに慣れさせておくことが大切です。

キャリーバッグを普段から出して置いたり、その中で食事をさせたり、家の中で持ち運びしたり・・・。

おもちゃや毛布なども使って、キャリーバッグの抵抗をなくしてあげましょう。

 

脱走対策

外出するときは、脱走の危険がともないます。

なので、できればどちらかの脱走対策しておきましょう。

 

○ 洗濯ネットを使う

猫を洗濯ネットに入れてからキャリーバッグに入れれば、脱走を防ぐことができます。

また、診察中に暴れてもすぐに抑えることもできます。

なので、猫用の洗濯ネットを用意して普段から慣れさせておくと良いでしょう。

ちなみに、洗濯ネットに入れたら窮屈なように感じますが、猫にとっては全身を守られている感じがして安心することが多いです。

 

○ ハーネスをつける

外は刺激がいっぱい。

なので、突然猫が興奮して逃げ出してしまうことがあります。

そこで、活躍するのがハーネス。

普段から身体につけて慣れさせておくと良いでしょう。

動物病院を使うときのマナー

病院に長くいることは猫にとっても負担になります。

なので、診察の予約をしたり混雑していない時間に行くなどして、できるだけスムーズに治療を受けられるようにしましょう。

また、病院の先生や他の飼い主に迷惑にならないようにマナーを守りましょう。

 

○ 時間外に行くときは連絡を!

基本的に診療時間を守ってください。

ただ緊急の場合、診療時間外に診てもらいたいこともあるかもしれません。

その場合は、必ず事前に電話をしましょう。

 

○ 予約時間を守る

予約時間に遅れると、病院や他の患者さんに迷惑がかかるだけでなく、診察の順番が遅くなることもあります。

なので、予約時間はしっかり守りましょう。

 

○ キャリーバッグから出さない

医者の指示があるまではキャリーバッグに入れておきましょう。

鳴いていて可哀想だから・・・とキャリーバッグから出すと逃げ出す危険がありますし、ほかの人に迷惑がかかることもあるためです。

 

○ 他の人のペットを刺激しない

病院にきている動物は、どの子も体調が悪くて来ています。

なかには重病のペットも。

なので、他の人のペットにかまって不用意に刺激しないように。

 

○ 飼い主が連れていく

病気の原因は検査だけではわかりません。

普段の様子や具合の悪くなった時期を知る必要があるので、必ずいつも世話をしている人が連れていきましょう。

 

⇒ 病院を利用するときの注意点

⇒ 病院の夜間利用と救急利用

⇒ 病気を知ろう!感染症編

⇒ 病気を知ろう!下部尿路血症編

⇒ 病気を知ろう!慢性腎不全編

⇒ 病気を知ろう!がん編

⇒ 病気を知ろう!歯周病編

⇒ 病気を知ろう!その他の病気編

 

ねこのきもち

猫の寿命を延ばす飼い方 記事一覧

高齢変化
高齢になったら適切なケアを!

健康チェック
健康チェックを定期的に!

介護
看病・介護のやり方

応急処置
応急処置を覚えておこう!

動物病院
動物病院の使い方

季節
季節ごとのケア

事故防止
事故を未然に防ごう

エサの与え方
エサを調節して健康に

お手入れ
猫に必要なお手入れって?

部屋作り
快適な部屋作りを♪

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ