【うさぎの寿命】寿命を伸ばす野菜と果物の与え方

<スポンサードリンク>

fruit-basket-396622_640

うさぎには毎日3種類ほどの新鮮な野菜を与えると健康に良いです。
野菜は、もともと食べている新鮮な植物に近く、安定して供給できるのでうさぎのエサとしてオススメです。
与える野菜は決まった何種類かに限ってしまうと栄養バランスが乱れるので、様々な種類の野菜を与えるようにしましょう。
また、うさぎは初めてのエサに対して慎重で、食べなれないものを拒否することがあります。
なので、普段からいろいろなエサに慣れさせておくことで、食欲を落としたときに様々なアプローチをできるようになります。
野菜は流水でよく洗い、水を切ってから与えてください。

 

◇ 野菜の考え方 ◇

野菜の中には与えすぎると悪影響があるものもあります。
ただ、与えすぎには問題があっても少量なら栄養的に優れているものも多くあります。
栄養バランスを乱さないため基本的にはどの野菜も「大量に与えすぎない」「継続して与えない」の2つを守りましょう。

【アブラナ科】
ビタミンCが豊富で抗ガン作用があるとされている。
食べ過ぎると甲状腺機能障害を起こす可能性がある。
【サツマイモ・かぼちゃ】
ビタミンが豊富だがでんぷん質が多いので肥満の原因に。
【大根の葉・カブの葉】
カルシウムが多いため与えすぎると病気を引き起こすが、ビタミンが豊富なので少量なら健康に良い。
【レタス・ハクサイ・きゅうり】
うさぎが好んで食べるので水分を取りすぎて下痢をしやすくなります。
食欲がないときには少量与えると食欲を回復させるきっかけになります。
【そのほか与えても良い野菜】
ヨモギ、シソ、パセリ、芽キャベツ、ブロッコリー、セロリ、バジル、カリフラワー、クレソン、ルッコラ、ニンジンの葉、セリ、ニンジン、みつば、サラダ菜、小松菜、キャベツ、サニーレタス、チンゲンサイ、トマトなど・・・。

 

◇ 果物 ◇

果物は糖質が多いため過剰に与えることは控えなくてはなりません。
ただ、旬の時期は栄養価も高まるので少量なら健康に良いです。
抗酸化作用のあるビタミンが豊富で、うさぎが好んで食べてくれるので、食事のアクセントになります。
また、しつけに利用するのも良いでしょう。

【与えてもいい果物】
りんご、バナナ、ぶどう、パイナップル、イチゴ、キウイ、ブルーベリー、メロン、オレンジ、パパイヤ、ナシなど・・・。
【注意点】
一度に与える量は1kgにつき10gまでにしましょう。
また、熟していない果物にはでんぷん質が多いので、熟したものをあげたほうが良いです。
種子はできれば取り除いて与えましょう。

⇒ うさぎに食べさせてはいけない野菜とは?
⇒ 【うさぎ】牧草の選び方
⇒ 【うさぎ】ペレットの選び方

ネザーランドドワーフの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

rabbit-713489_1280
高齢になったうさぎのケア

rabbit-72192_640
健康チェックで寿命を伸ばそう

bunny-425996_640
うさぎがかかりやすい病気

rabbit-373691_640
健康なうさぎの選び方

hare-414917_640
ストレスの少ない住まい作り

rabbit-629615_640
栄養バランスを考えた食事

nature-73536_640
室内遊びは事故に注意!!

rabbit-466795_640
屋外散歩する前に・・・!

girl-111607_640
適切なお世話で快適に♪

rabbit-717857_1280
グルーミングのやり方

hare-793278_640
たまにはやろう!耳掃除!!

rabbit-214540_640
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ