【ネザーランドドワーフ】うさぎの寿命を伸ばすには?|お世話編

<スポンサードリンク>

nezaran3-2

大切なペットには長く健康でいてほしい。
そう思う飼い主さんも多いでしょう。
ここでは大切なうさぎがストレスを感じたり病気になったりしないように、毎日するお世話について紹介します。

◇ 掃除 ◇

・トイレの砂(ペットシートの交換)
・ケージ底のペットシートや新聞紙、牧草を交換

ケージの床が目の細かい金網なら排泄物はケージ底に落ちます。
なので、ネザーランドドワーフの毎日の掃除はこの2つだけで大丈夫です。
うさぎは自分のニオイがしないと落ち着かなく、完全にキレイにするとストレスになるので掃除しすぎないように注意しましょう。

◇ エサ ◇

朝と夜にペレットを入れ替えます。
食べ残しがあっても全て交換しましょう。
牧草は一日一回交換してください。
これも全て新しくした方が食欲をそそります。
給水ボトルはブラシで軽くこすって洗い、飲み水を交換しましょう。

◇ 身体のケア ◇

・エサの食べ残しチェック
不正咬合だと食べこぼしが多くなります。
また、普段より食べる量が少ない場合、体調が悪くなっている可能性があります。

・トイレチェック
フンが柔らかすぎないか、尿はいつも通りかチェックしましょう。

・全身チェック
身体をなでながら、目ヤニや鼻水、湿疹、毛並など全身をチェックしましょう。

◇ そのほかのお世話 ◇

毎日やる必要はないけれど、ときどきやって欲しいお世話の内容を紹介。

一週間に一度やって欲しいのが、エサ入れや給水ボトルの殺菌です。
哺乳瓶用の漂白剤を使ったり、煮沸消毒したりして、細菌が繁殖しないようにしましょう。

また、ときどきやって欲しいのが下の4つ。
・ ケージの洗浄
・ ブラッシング
・ 爪切り
・ 体重測定
うさぎの尿は高アルカリで白くこびりつきやすいので、お酢でふき取ると取れやすくなります。
また、本来は穴を掘るときに爪が削れるのですが、ケージで過ごすと爪が伸びすぎてしまいます。
なので、ときどき確認して長すぎにならないように爪をカットしましょう。
ブラッシングや体重測定は健康を保つのに大切なので、ときどきやってください。

健康のためには1年に一度、動物病院で健康診断を受けると安心です。

ネザーランドドワーフの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

rabbit-713489_1280
高齢になったうさぎのケア

rabbit-72192_640
健康チェックで寿命を伸ばそう

bunny-425996_640
うさぎがかかりやすい病気

rabbit-373691_640
健康なうさぎの選び方

hare-414917_640
ストレスの少ない住まい作り

rabbit-629615_640
栄養バランスを考えた食事

nature-73536_640
室内遊びは事故に注意!!

rabbit-466795_640
屋外散歩する前に・・・!

girl-111607_640
適切なお世話で快適に♪

rabbit-717857_1280
グルーミングのやり方

hare-793278_640
たまにはやろう!耳掃除!!

rabbit-214540_640
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ