【アメリカンファジーロップ】うさぎの寿命を伸ばすには?|食事編

<スポンサードリンク>

amefaji3-2

◇ 食事内容 ◇

毛が長いアメリカンファジーロップはこまめなグルーミングが欠かせない。
と同時に、毛玉を食べてしまうことがあるので、たっぷりと食物繊維を食べることが健康の秘訣です。
ケージ内の牧草は切らさないようにし、たくさん食べさせるようにしましょう。
牧草意外にメインとなる食事はペレットです。
野菜だと栄養バランスを調節するのが難しいですが、ペレットならもともとうさぎに最適な栄養バランスになっているので簡単です♪
ペレットの量は一日当たり「体重×3~4%」なので、1.3kgのアメリカンファジーロップなら40グラムになります。

野菜は毎日あげて大丈夫ですが、あくまでもペレットと牧草が中心なので、それらを食べなくなってしまうようなら量を減らしましょう。
果物は糖分が多いので、食べさせる時はほんの少しにしてください。
クッキーは砂糖が多すぎるので健康に育てたいなら論外です。

ちなみに、野菜にはアボカドや玉ねぎなど食べさせてはいけないものもあるので、しっかりチェックしておきましょう。

⇒ 牧草の詳細ページへ
⇒ ペレットの詳細ページへ
⇒ 野菜・果物の詳細ページへ
⇒ サプリメントの役割へ

 

◇ エサの与え方 ◇

エサはうさぎの活動パターンに合わせて与えるようにしましょう。
うさぎが活動するのは主に早朝と夕方。
また、夜のほうが消化器官が活発になります。
なので、以下のよう与えるのが理想です。

・ 朝(少なめのペレット+牧草)
・ 夜(多めのペレット+野菜類+牧草)

うさぎの腸内にはバクテリア多数住み着いていて、栄養を吸収するサポートをしてくれています。
なので、エサの内容に合わせてバクテリアの種類や割合が変わります。
しかし、急激にエサの内容が変わるとバクテリアはそれについていけず下痢になってしまいます。
エサを変えるときは少しずつ新しいエサの割合を増やしていき、1ヶ月かけてエサの内容を変えましょう。

 

◇ 年齢別のエサの内容 ◇

【生後6~12か月】
生後12か月までは身体の骨や筋肉を作る期間です。
なので、カルシウムやタンパク質の多いアルファルファが原料のペレットやアルファルファの牧草を中心にエサをあげましょう。
食べさせる量も制限する必要はありませんが、ペレットばかり食べて牧草を食べなくなってしまったら、ペレットの量を減らしましょう。
野菜や果物は、小さいときに慣らしておくために少量与えます。
しつけの時にあげると良いでしょう。

【生後1~4年】
大人になってからはカルシウムを取りすぎると病気になってしまいます。
また、タンパク質もうさぎにはよくありません。
なので、食物繊維が豊富で低タンパク、低カルシウムのチモシーのペレットや牧草を与えます。
野菜は一日1カップまでにしてください。

【生後5年以降】
健康的な生活をおくっていればまだまだ元気ですが、個体によっては5歳くらいから衰えが見え始めます。
身体が軽くなってきたら、チモシーだけでなくアルファルファのエサも与えましょう。

アメリカファジーロップの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

うさぎ 寿命
高齢になったうさぎのケア

うさぎ 寿命
健康チェックで寿命を伸ばそう

うさぎ 寿命
うさぎがかかりやすい病気

うさぎ 寿命
健康なうさぎの選び方

うさぎ 寿命
ストレスの少ない住まい作り

うさぎ 寿命
栄養バランスを考えた食事

うさぎ 寿命
室内遊びは事故に注意!!

うさぎ 寿命
屋外散歩する前に・・・!

うさぎ 寿命
適切なお世話で快適に♪

うさぎ 寿命
グルーミングのやり方

うさぎ 寿命
たまにはやろう!耳掃除!!

うさぎ 寿命
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ