猫の寿命を伸ばす飼い方~事故を防ごう~

<スポンサードリンク>

猫 寿命

人間が生活する環境には、猫にとって危険なものがたくさんあります。

例えば電気コード。

猫はヒモにじゃれて遊ぶのが大好きなので、誤って電気コードにじゃれつくと感電の危険があります。

また、お風呂場が好きな猫は溺れる危険が、外に興味をもつ猫は脱走や落下の危険が高いです。

ちょっとしたことから、大事故につながることがあるので、事前に対策しておきましょう。

 

1、やけどに注意

猫は意外なくらい温度に鈍感。
コンロや暖房器具に近づきすぎて、気づかないうちに毛が焼けてしまったりやけどしてしまいます。
夏にストーブを出しっぱなしにしておいたら乗って遊ぶようになり、冬になってストーブを使い始めたらヤケドなんてケースもあります。
予防策としては、キッチンやコンロ、ストーブの周りを立ち入り禁止にすること。
ペット用の柵などを使って区切っておくと良いでしょう。

 

2、感電に注意

電気コードでじゃれたり、かじったりすると感電してしまう恐れがあります。
最悪の場合ショック死してしまうので、電気コードで遊ぶ癖があるようなら、カバーを巻いたり家具の後ろに隠したりして猫が触れないようにしておきましょう。

 

3、誤食に注意

小さなピンや画鋲、ヒモ、輪ゴムなど猫がじゃれているうちに誤って飲み込んでしまうことがあります。
猫が飲みこむ可能性のある小さなものは、出しっぱなしにしないでおきましょう。
万が一飲みこんだ場合は、できるだけ早く病院で吐き出させるようにしましょう。

 

4、溺水に注意

お風呂場は適度に涼しく、カルキのぬけた水もあるので、猫が好む場所の一つ。
しかし、飼い主の留守中に湯船のお湯の中に落ちてしまうとパニックになって溺れてしまうことがあります。
浴槽の水を抜いておいたり、お風呂への出入りを禁止にして対策しておきましょう。

 

5、脱走に注意

室内で飼っている猫の場合、外に出ると迷子になったり感染症になったり、交通事故に遭う可能性が高くとても危険です。
猫は一度外に出ると、外も自分の縄張りだと認識するので、窓に策をつけたり網戸ストッパーをつけて外に出さないように徹底しましょう。

 

6、落下に注意

猫はある程度高いとこから落ちても、身体を回転させて上手に着地します。
しかし、マンションの高層階から落ちたり、着地に失敗すると大けがに発展することがあります。
ベランダを立ち入り禁止にしたり、室内の高い場所に登る足場を増やしたりして対策しておきましょう。

 

ねこのきもち

猫の寿命を延ばす飼い方 記事一覧

高齢変化
高齢になったら適切なケアを!

健康チェック
健康チェックを定期的に!

介護
看病・介護のやり方

応急処置
応急処置を覚えておこう!

動物病院
動物病院の使い方

季節
季節ごとのケア

事故防止
事故を未然に防ごう

エサの与え方
エサを調節して健康に

お手入れ
猫に必要なお手入れって?

部屋作り
快適な部屋作りを♪

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ