猫の寿命を伸ばす飼い方~季節対策編~

<スポンサードリンク>

猫 寿命

もともと猫は比較的暑さに強いと言われていました。

しかし、最近はあまり強くない猫も多くなってきました。

理由の一つが被毛。

室内で過ごすことが多くなり、毛の生え変わる周期がはっきりしなくなってしまったためです。

なので、夏の暑い時期は快適に過ごせるようにしっかり対策してあげましょう。

特に、冷房のない閉めきった部屋や車内に閉じ込めることの内容に注意です。

 

「猫はこたつで丸くなる」という歌があるように猫は寒さが苦手。

また、猫風邪のウイルスは冬に活発に活動しますし、気温が下がって水を飲む量が減るとオシッコの病気にもかかりやすくなります。

猫が自分で保温できるように対策しておきましょう。

 

◇ 夏場の対策 ◇

1、エアコンをつける

猫は暑いとひんやりした場所で転がり、寒いと身体を丸めたり毛布にくるまったりします。
猫の様子を見ながら、ちょうどいい温度になるようにエアコンを調節しましょう。
28~30℃くらいを目安にすると良いです。

2、直射日光を避ける

直射日光が当たっていると、意外と部屋が暑くなってしまいます。
できれば断熱効果のあるカーテンなどを使って、部屋の温度を調節してあげましょう。

3、水をたくさん用意

脱水を防ぐためには、こまめな水分補給が大切。
暑くて動くのが大変な時もすぐに水を飲みに行けるよう、家の中の様々なところに水を用意しておくと良いでしょう。

4、クールマットで涼しく過ごす

保冷剤をタオルで包んだり、市販のクールマットを用意して猫が自分で涼みに行ける場所を用意しましょう。
クールマットを警戒するようなら、またたびやおやつを使って慣れさせてあげましょう。

5、温かい場所も用意

エアコンで温度を調節していると、身体が冷えすぎてしまうことがあります。
なので、エアコンをつける部屋には毛布やふかふかのベッドを用意して、猫が自分で温度調節できるようにしてあげましょう。

 

◇ 冬の寒さ対策 ◇

1、冬仕様のベッドづくり

通気性の良いカゴベッドは夏場に活躍しますが、冬はイマイチ。
カゴベッドを使うなら、周りをダンボールで囲いフリースを被せて、冷たい空気を防いであげましょう。
キャリーバッグやケージで過ごしている場合は、その上からフリースやバスタオルを被せてもOK。
床からの冷えには100円ショップに売っている断熱シートが便利です。

2、室温を調節する

猫にとって快適な温度は人間とほぼ同じ22~29℃。
留守中はエアコンやペットヒーターを利用したり、猫ベッドの保温力をあげて、猫自身で温度調節できるようにしてあげましょう。
またフローリングの床など暑いときに涼めるような場所も大切です。

 

ねこのきもち

猫の寿命を延ばす飼い方 記事一覧

高齢変化
高齢になったら適切なケアを!

健康チェック
健康チェックを定期的に!

介護
看病・介護のやり方

応急処置
応急処置を覚えておこう!

動物病院
動物病院の使い方

季節
季節ごとのケア

事故防止
事故を未然に防ごう

エサの与え方
エサを調節して健康に

お手入れ
猫に必要なお手入れって?

部屋作り
快適な部屋作りを♪

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ