【ネザーランドドワーフ】うさぎの寿命を伸ばすには?|食事編

<スポンサードリンク>

nezaran2-2

◇ 食事内容 ◇

うさぎというとニンジンというイメージがありますが、健康に長生きさせるならメインの食事をペレットと牧草にする必要があります。
ペレットには必要な栄養素をバランスよく配合されており、牧草は伸び続ける奥歯を削るのに役立ちます。

新鮮な野菜もあげると喜びますが、野菜がメインになってしまうと栄養が偏りやすくなってしまうので、1日に1カップ以上は与えないでください。
また、人間の身体には良いものでも、うさぎが食べると身体を壊す野菜もあります。
アボカドやホウレンソウなど、気をつけなければならないものがあるので、与える前にチェックしておきましょう。

⇒ 牧草の詳細ページへ
⇒ ペレットの詳細ページへ
⇒ 野菜・果物の詳細ページへ
⇒ サプリメントの役割へ

 

◇ エサの与え方 ◇

うさぎは日中活動せず、朝と夕暮れ以降に活動します。
また、消化器官は夜活発に動くようになっています。
なので、それに合わせてエサを与えましょう。
・ 朝(少なめのペレット+牧草)
・ 夜(多めのペレット+野菜類+牧草)
一日に2回与えるのが理想で、ペレットの量は体重の3~4%を目安にします。

また、成長期には栄養をたくさん必要とするため栄養のあるものを食べさせる必要がありますが、年を取ると肥満やカルシウム沈着など病気の原因となるので栄養の少ないものに切り替える必要があります。
切り替えるときは、腸内細菌のバランスが崩れないように少しずつエサの割合を変えていきましょう。

 

◇ 年齢別のエサの割合 ◇

【生後6~12か月】
身体の基礎作りの期間です。
高タンパクのエサが必要なのでアルファルファを原料としたペレットや、アルファルファの牧草を中心に与えましょう。
ペレットも牧草も量を制限する必要はなく食べたいだけ食べさせましょう。
また、小さいうちにいろいろな食べ物に慣らしておくことは大切ですが、野菜や果物ばかり食べ過ぎると栄養バランスが悪くなってしまうので、おやつやしつけの時に少量あげる程度にしてください。

【生後1~4年】
生後1年をすぎたら栄養過多にならないように、チモシーなどイネ科の植物のペレットや牧草を与えていきます。
うさぎの腸内は繊細で、食べているものによって腸内細菌のバランスが変わるので、1ヶ月くらいかけてエサの割合を徐々に変え、イネ科の植物に慣らしていきましょう。

【生後5年以降】
うさぎは5歳を超えると高齢といわれます。
5歳を過ぎても身体に変化が見られないようなら同じようにエサを与えて構いませんが、痩せてきた場合はアルファルファの牧草やペレットを増やしましょう。
また、病気になった場合は医師の指導のもとサプリメントを使うのも良いでしょう。

ネザーランドドワーフの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

rabbit-713489_1280
高齢になったうさぎのケア

rabbit-72192_640
健康チェックで寿命を伸ばそう

bunny-425996_640
うさぎがかかりやすい病気

rabbit-373691_640
健康なうさぎの選び方

hare-414917_640
ストレスの少ない住まい作り

rabbit-629615_640
栄養バランスを考えた食事

nature-73536_640
室内遊びは事故に注意!!

rabbit-466795_640
屋外散歩する前に・・・!

girl-111607_640
適切なお世話で快適に♪

rabbit-717857_1280
グルーミングのやり方

hare-793278_640
たまにはやろう!耳掃除!!

rabbit-214540_640
切りすぎ注意!うさぎの爪きり

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ