ハムスターの寿命を伸ばす飼い方|お世話編

<スポンサードリンク>

どんなペットを飼うときもそうですが、動物にはそれぞれ独自の習性や感じ方があります。

何気ない人間の仕草が大きなストレスとなっていることもあるので、お世話する前にハムスターの感覚を理解しておきましょう。

 

◇ ハムスターの感覚 ◇

○ 人間って大きい!!!

ハムスターからみたら人間はとても大きな生き物です。

体重を比較すると1000倍以上の差がありますので、人間がジンベイザメや恐竜と接するような感覚でしょう。

それだけ大きな人間に急に掴まれたら、ハムスターは物凄く怖い。

特に上から掴むと捕食されることを連想するので気をつけましょう。

エサの交換やケージの掃除の時は、優しく声をかけながらお世話してあげると落ち着きやすいです。

 

○ 昼間は眠たい

ハムスターは外敵が多いため、夜エサを求めて活動します。

昼間は基本的に眠っているので、そっとしておいてあげてください。

中には昼間起きてるから一緒に遊ぶという人もいますが、それはやめましょう。

ハムスターは15分くらいの短い睡眠を何度も繰り返すという眠り方をするので、昼間起きていてもまたすぐ眠くなるためです。

 

○ 視力が弱い

ハムスターは視力が弱く、ニオイや音で物事を判断します。

なので、急に手が出てきてエサを交換するとびっくり!!

優しく声をかけながらお世話して、ストレスを和らげましょう。

また、音に敏感な分、ドアを閉めるときの音もストレスになりやすいので注意してください。

 

○ 弱っていることを隠す

野生下では、弱っている動物は格好のマト!!

すぐに捕食されてしまいます。

そのため、ハムスターは体調が悪くてもそれを隠そうとします。

毎日見ている飼い主でも、変化に気がつきにくいので、エサの食べ残しやフンの硬さなどから健康状態をチェックするようにしましょう。

 

<スポンサードリンク>



ハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命

高齢になったら適切なケアを!!
ハムスター 寿命

ハムスターが寿命を迎えるときに…
ハムスター 寿命

ケガや病気の応急処置方法!
ハムスター 寿命

看病するときのポイントって?
ハムスター 寿命

症状から調べるハムスターの病気
ハムスター 寿命

健康なハムスターの選び方!
ハムスター 寿命

適切なお世話で健康を保とう!!
ハムスター 寿命

ハムスターに必要なお世話とは??
ハムスター 寿命

健康を保つには食事が大切!!
ハムスター 寿命

住まい作りはストレスに注意を!!
ハムスター 寿命

ケージは落ち着ける場所に置こう!
ハムスター 寿命

毎日やりたい健康チェック!!
<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ