ハムスターの寿命を伸ばす飼い方|食事編

<スポンサードリンク>

どんな動物も、健康で長生きするためには食事が大切。

防腐剤や着色料などの添加物が多ければ病気にかかりやすくなりますし、栄養バランスが悪ければ健康な肉体を作ることはできません。

また、量が多すぎれば肥満になりますし、不規則な与え方をすると生活リズムを崩すこともあります。

エサの与え方について正しく知り、長生きできるようにサポートしましょう。

 

◇ エサを与えるときの基本 ◇

1、エサの種類

ハムスターのエサには、ペレット、種子類、野菜・果物、野草、乳製品といったものがありますが、基本はペレット。

栄養バランスが優れているので、ペレットと水だけ与えていれば十分なくらいです。

しかも、ペレットは適度に硬さがあるためハムスターの歯を削ることができ、不正咬合を防げます。

種子類や野菜類を与える場合は、おやつ感覚でほんのちょこっとだけにしましょう。

⇒ オススメのペレットへ
⇒ ペレット以外の食事について

 

2、エサの量

一日のエサは体重の5~10%が理想。

これ以上与えると、食べ過ぎて肥満になったり消化しきれず下痢気味になったりします。

ジャンガリアンなど小さなハムスターなら2~4g、ゴールデンのように大きなハムスターなら10~15gくらいを目安にするといいでしょう。

ただ、個体差があるので食べ残しや便の様子を見て調節を!!

 

3、エサの回数

ハムスターのエサは一日一回で大丈夫です。

エサをあげるタイミングも、ペレットだけならいつでも大丈夫です。

ただし、野菜や果物は劣化しやすいため時間帯に注意。

ハムスターは夜行性なので、夕方以降にあげて、残したら次の日の朝回収しましょう。

ちなみに残したエサは、唾液に含まれる菌が繁殖している可能性があるので、毎日交換してあげてください。

 

4、エサを変更する

いつも買っているペレットを購入できなかった。

今までのペレットを急に食べなくなってしまった。

何かの事情でエサの内容を変えることもあると思います。

そんなときに注意したいのが、一気に全て変えないこと!!

腸内細菌のバランスはエサに合わせて絶妙に保たれていますので、一気に変えるとお腹を壊してしまいます。

エサの内容を変えるときは、少しずつ割合を変えて徐々に慣れさせていくようにしましょう。

 

<スポンサードリンク>



ハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命

高齢になったら適切なケアを!!
ハムスター 寿命

ハムスターが寿命を迎えるときに…
ハムスター 寿命

ケガや病気の応急処置方法!
ハムスター 寿命

看病するときのポイントって?
ハムスター 寿命

症状から調べるハムスターの病気
ハムスター 寿命

健康なハムスターの選び方!
ハムスター 寿命

適切なお世話で健康を保とう!!
ハムスター 寿命

ハムスターに必要なお世話とは??
ハムスター 寿命

健康を保つには食事が大切!!
ハムスター 寿命

住まい作りはストレスに注意を!!
ハムスター 寿命

ケージは落ち着ける場所に置こう!
ハムスター 寿命

毎日やりたい健康チェック!!
<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ