ロボロフスキーハムスターの寿命を伸ばす飼い方|季節ケア編

<スポンサードリンク>

野生のハムスターは日中、土の中の巣穴で過ごし夜になるとエサを探しに地上に出ます。

なので、暑いのは苦手。

また、冬場はエネルギーの確保が難しいため疑似冬眠しますが、場合によってはそのまま死んでしまうこともあり、寒いのも苦手です。

汗をかくことができず、身体が小さいハムスターは暑すぎても寒すぎても負担になるので、ケージ内が20~28℃になるように温度管理しましょう。

 

◇ 春 ◇

春はハムスターにとっても快適な季節。

この時期は赤ちゃんを産んだり、飼育環境を変えるのにも最適の季節です。

ペットショップにも多くのハムスターが並ぶので、購入するならこの時期が良いでしょう。

ただ、朝晩の冷え込みがきつい日もあるので、それだけ注意を!!

 

◇ 梅雨 ◇

6月は湿気に注意。

温かく湿度が高いと、カビや細菌が繁殖します。

管理状態が悪いと、床材やペレットに見えないカビが繁殖している可能性があり、知らないうちにハムスターの体調を壊してしまいます。

乾燥材や密閉できる容器を使い、カビ対策をしましょう。

また、たまには巣箱やかじり木などを日光で殺菌してあげましょう。

 

◇ 夏 ◇

暑さに弱いハムスター。

特に近年の日本の夏は暑さが厳しいため注意が必要です。

基本的にケージのある部屋にはエアコンをつけておきましょう。

エアコンをつけていないときは、保冷剤や凍らせたペットボトルをケージの近くに置いて、ケージ内が24~28℃になるようにしましょう。

 

◇ 秋 ◇

秋も過ごしやすい季節。

加えて美味しいものが多く、冬に備えて体力を蓄える時期です。

少し多めにエサをあげても良いですが、肥満にならないように注意しましょう。

 

◇ 冬 ◇

寒くなるとハムスターは疑似冬眠に入ります。

しかし、そのまま死んでしまう恐れもあるため、飼育下では疑似冬眠させないようにしましょう。

温度管理するときに注意したいのが、部屋の温度とケージ内の温度には差があるということです。

壁際に置いてあるケージは外の気温の影響を受けやすく、部屋の温度よりも低くなります。

必ずケージ用の温度計を用意して、15℃以上になっているか確認しましょう。

ペットヒーターを使ったり、床材を増やすなどの対策をするのも良いでしょう。

<スポンサードリンク>



ロボロフスキーハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ