ロボロフスキーハムスターの寿命を伸ばす飼い方|応急処置編

<スポンサードリンク>

昨日まですばしっこく動き回っていたロボロフスキーハムスター。

夕方家に帰ってきたら、なんだか元気がない。

 

ハムスターは本能的に体調不良を隠そうとするので、元気がないときにはすでに病状が進行していることがあります。

すぐに病院で診てもらうことはもちろんですが、場合によっては自宅で応急処置をしておきましょう。

 

○ ぐったりしている

ぐったりしているときは、すでに相当弱っている可能性が高いです。

なので、病院に行く前に少しでも体力を回復させましょう。

体力回復には、ハチミツや砂糖などすぐにエネルギーになるものがオススメ。

ぬるま湯に溶かしてスポイトなどで与えると飲ませやすいです。

飲ませるときには身体を湿らさないように、口の周りをすこし濡らす程度にしましょう。

 

○ 下痢をしているとき

ハムスターにとって下痢は大きな一大事。

2~3日も続けば脱水症状になり、死んでしまうこともあります。

なので、下痢が続いているようなら水分を補給しお腹の調子を整えてあげましょう。

水分補給には赤ちゃん用のイオンウォーターを、お腹にはヨーグルトの生きた乳酸菌を少量与えると良いでしょう。

 

○ 熱射病になったとき

身体が小さく汗をかかないロボロフスキーハムスターにとって、暑さは天敵!!

熱射病になったら保冷剤をタオルで巻いて、すぐに身体の熱を冷ましてあげましょう。

ただし、冷やしすぎにも注意!!

身体が小さいので、思っている以上に早く身体全体が冷えてしまいます。

 

○ 低体温になったとき

暑さに弱いハムスターですが、寒さにもあまり強くありません。

野生のハムスターは疑似冬眠して冬場を乗り切りますが、そのまま死んでしまう個体もいるほどです。

なので、ペットのハムスターは疑似冬眠にならないように、低体温になったらすぐに温めてあげましょう。

温めるときは人肌でゆっくり温めること!!

ペットヒーターなどを使うのも良いです。

意識が戻ったら砂糖水などでエネルギーの補給をしましょう。

 

○ ケガをしたとき

周りに弱みを見せないハムスターは、ケガをしたときも普通に動き回ってしまいます。

しかし、動くことでケガが変な形で治ったり、治りが遅くなったりします。

なので、ねん挫や脱臼などで足を引きずっていた場合、狭いケージに移動させて動き回らないようにしましょう。

狭いケージは移動用のものを使えば問題ないと思いますが、用意できない場合はティッシュケースなどでケージを区切っても良いです。

<スポンサードリンク>



ロボロフスキーハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ