高齢になったロボロフスキーハムスターに必要なケア

<スポンサードリンク>

ロボロフスキーハムスターは1歳半をすぎるころには、すでに高齢。

身体のあちこちに老化現象が現れてくるので、お世話の仕方も変えてあげましょう。

 

◇ ハムスターの老化現象 ◇

・ ほおぶくろに入れたエサが取り出せなくなる
・ 目の輝きが薄れ、白く濁ってくる
・ 歯のかみ合わせが悪くなったり、歯が抜けたりする
・ 毛づくろいが出来なくなり、毛並みが悪くなる
・ 歩き方がおかしくなったり、動きが鈍くなる
・ 呼吸のリズムが遅くなる
・ 体温が低くなる
・ 腰が曲がる
・ 睡眠時間が長くなる

 

◇ 高齢ハムスターのお世話 ◇

○ 食べやすい食事

若いときにはペレットをそのまま食べてくれますが、歯が悪くなったり消化機能が低下したりすると固いものが食べられなくなります。

エサを残していたり上手く食べられないようなら、ペレットを水でふやかして与えるようにしましょう。

また、リンゴをすりおろしたり、野菜を加熱したり細かくしたりして食べやすくするのも良いでしょう。

 

○ バリアフリー

ハムスターも歳をとると足腰が弱り、足が思うように上がらなかったり段差を登るのが辛くなったりします。

なので、給水ボトルの位置は高すぎないか、エサ箱の段差に苦労していないか、巣材が多すぎて歩きづらくないかなどチェックして、環境を整えてあげてください。

またケージ内のおもちゃは少なめにして、のんびりくつろげる空間を作ります。

回し車は使わないようなら外してしまっても良いですし、高さを調節してあげても良いでしょう。

 

○ 毛づくろい

歳をとると、身体を動かすのが大変になるため、毛づくろいをしなくなります。

そのまま放っておくと毛並みが悪くなり、皮膚病を引き起こす恐れがあるので、ブラッシングしてあげましょう。

ただし、イヤがるようなら無理にやる必要はありません。

 

○ 爪を切る

歳をとると動かなくなるため、爪が削れなくなり、伸びてきてしまいます。

放っておくとケガの原因になるので、定期的に爪をカットしてあげると良いです。

ただ、ロボロフスキーハムスターは身体が小さいため、はじめは家庭でやるのが難しいと思います。

なので、病院で一度獣医さんに診てもらい、やり方を教えてもらうようにしてください。

 

○ 体温調節

歳をとると身体を動かす機会が減り、筋肉が衰え、基礎代謝が低下します。

体温も低下しやすくなるので、温度管理に気を配りましょう。

高齢ハムスターの適温は22~24℃なので、エアコンをつけて調節し、冬場はペットヒーターを使用します。

ホッカイロは酸欠を起こす可能性があるので、ケージ内には絶対入れないでください。

また、ロボロフスキーハムスターは身体が小さいので、冷たい手で触るのは厳禁です。

 

○ 身体のケア

老化が進むとトイレに行くのも難しくなりおしっこを我慢していることがあります。

長い間おしっこをしていないようなら、一度トイレに連れていってあげてください。

毎回連れていくのは難しいと思いますが、ときどきサポートしてもらえるだけで、ハムスターはすごいラクになります。

また、ほおぶくろも時々チェックしてエサを入れっぱなしにしていないか確認しましょう。

<スポンサードリンク>



ロボロフスキーハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命

高齢になったら適切なケアを!!
ハムスター 寿命

ハムスターが寿命を迎えるときに…
ハムスター 寿命

ケガや病気の応急処置方法!
ハムスター 寿命

看病するときのポイントって?
ハムスター 寿命

症状から調べるハムスターの病気
ハムスター 寿命

健康なハムスターの選び方!
ハムスター 寿命

適切なお世話で健康を保とう!!
ハムスター 寿命

ハムスターに必要なお世話とは??
ハムスター 寿命

健康を保つには食事が大切!!
ハムスター 寿命

住まい作りはストレスに注意を!!
ハムスター 寿命

ケージは落ち着ける場所に置こう!
ハムスター 寿命

毎日やりたい健康チェック!!
<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ