ジャンガリアンハムスターの寿命を伸ばす飼い方~お手入れ編~

<スポンサードリンク>

ハムスターは自分で身づくろいすることができるので、若いうちはとくにお手入れの必要はありません。

逆に身体の小さなジャンガリアンにとってお手入れは、負担になる可能性のほうが高いです。

なので、ハムスターが高齢になり、上手く身づくろいできないときのお手伝い程度に考えましょう。

 

○ ブラッシング

春や秋の換毛期にはブラッシングをしてあげてもいいです。

ブラッシングには死毛を取り除いて皮膚の病気を防ぐ効果のほかに、血行を良くする効果もあるので♪

ただ、必ずやらなければならないわけではないので、スキンシップの一環として取り入れるくらいがいいでしょう。

ブラッシングに使う道具はペットショップで販売されている小動物用のブラシでも良いですし、人間用の柔らかい歯ブラシでも大丈夫です。

 

○ 身体を拭く

軟便を踏んで汚れてしまった。

部屋で遊んでいるときに汚れたなど。

身体が汚れた時は、濡れたタオルで優しく拭いてあげましょう。

犬や猫のように身体を洗ってしまうと、すぐに体温が奪われて体調を崩すので、お風呂に入れるのはやめてください。

 

○ 爪のお手入れ

高齢になると動きが鈍くなり、今まで自然に削れていた爪が伸びてきます。

伸びすぎると巣材やカーペットなどに引っかかってケガしやすくなるので、適当な長さにカットしてあげましょう。

ただ、ハムスターの爪には血管が通っているため、切りすぎないように注意してください。

はじめは病院でやってもらい、家でやるときは止血剤を用意しておくと安心です。

 

○ ほおぶくろのお手入れ

これも高齢になった場合のケア。

歳をとるとほおぶくろに入れた食べ物を取り出せなくなることがあります。

長い時間入れておくと、ほおぶくろの中で食べ物が腐ってしまうので、しばらく膨らんだままなら出すのを手伝ってあげましょう。

エサを取り出すときは、口を開けさせて外から押し出してあげると良いです。

 

<スポンサードリンク>



ジャンガリアンハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

高齢になったジャンガリアンハムスターのケア
寿命を迎えたるときにしたいこと
こんなときどうする??ケガや病気の応急処置
ジャンガリアンハムスターの看病ってどうやるの??
症状から病気をチェック
健康なジャンガリアンハムスターの選び方
適切な食事で健康増進♪
寿命を伸ばすペレットの選び方
ジャンガリアンに食べさせて良いもの悪いもの
快適な住まい作りでストレスを減らそう
意外と大切。ケージ周りの環境!!
健康を保つためのお世話とは??
-毎日のお世話内容と時々やりたいお世話
-ハムスターにお手入れはいらない??
日々の健康チェックで病気を早期発見!!
季節ごとに気をつけたいケア

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ