ハムスターの寿命を伸ばす飼い方~呼吸器系・循環器系疾患編~

<スポンサードリンク>

肺炎や肺水腫などの呼吸器疾患は、苦しそうに息をしているのを見てはじめて病気に気がつきます。
しかし、その頃にはすでに病気がかなり進行していて、処置のほどこしようがないことも多いです。
異常な呼吸音がする、呼吸困難になっていると感じたらすぐに病院に行きましょう。
また、呼吸がうまくいかないために全身の状態が悪くなり鼻水や目ヤニがでることもあります。
目に異常があっても肺が原因ということもあるので注意しましょう。

○ 肺炎
パスツレラやレンサ球菌、インフルエンザウイルスなどが原因で肺炎になることがあります。
肺炎は病気が悪化してからでないと気がつきにくいため、ちょっとでも異常な呼吸音がしたり息苦しそうにしていたら、肺のレントゲンを撮ってもらうようにしましょう。
肺炎の場合はレントゲンに炎症像が写ります。
治療には抗生剤や消炎剤を使いますが、呼吸が苦しそうならまず酸素吸入を行います。

○ 肺水腫
心臓の疾患などにより、肺の血流が悪くなり全身が酸素不足になる病気です。
レントゲンを取ることで肺水腫像を確認して治療に入ります。
治療には、利尿剤などを投与して肺の水を減らしたり、心臓の負担を軽くする薬を使ったりします。
酸素不足は即、命にかかわるため、呼吸困難になっていたらまず酸素吸入を行います。

○ 心筋症
ハムスターで循環器系の病気というと、大体が心筋症です。
心筋症とは心臓の筋肉量が増え大きくなることで、心臓の中に入ってこれる血液が少なくなり、血流量が低下する病気です。
心臓の左側が肥大すると肺に血液がたまりやすくなり肺水腫になります。
心臓の右側が肥大すると心臓の手前で血液がとまり、腹水がたまってきます。
心臓を直接治療することはできないので、利尿剤を使ったり、腹水を取り除いたりして負担を軽減します。
必要なら酸素吸入処置も行います。

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ