ハムスターの寿命を伸ばす飼い方~泌尿器系~

<スポンサードリンク>

泌尿器系の疾患で多い症状が、血尿が出ることとニオイがきつくなること。
膀胱炎や尿路結石、腎炎、腎不全などが考えられ、放っておくと他の病気を併発する恐れもあります。
早めの治療が大切なので、異変を感じたらすぐに病院へ。

○ 膀胱炎
オシッコが溜まる膀胱という場所が炎症を起こす病気です。
膀胱の粘膜が細菌によって傷つけられ血が混じるようになります。
見た目が赤くなくても血が混じっていることがあるため、違和感があったら病院で検査すると良いでしょう。
治療には抗生剤を使います。
膀胱の細菌を減らし炎症を抑えますが、治りにくい疾患ですのでしっかりと抗生剤を投与していくことが大切です。

○ 尿路結石
ハムスターは尿中のカルシウムがもともと多いため、カルシウムが主成分の結石ができやすくなっていいます。
結石が尿道に詰まると排尿障害になります。
粘膜を傷つけると血尿が出ることもあります。
放っておくと細菌が繁殖して炎症を起こすこともあるので早めに治療しましょう。
治療には内服薬で尿のカルシウム濃度を下げる方法と手術で結石を取る方法があります。
それぞれ状況に合わせて治療法を選びます。
ちなみに診断の際にはレントゲンやエコーで結石の有無を調べます。

○ 腎炎
細菌の繁殖により腎臓の細胞が傷つけられるなどが原因で腎炎になります。
きついニオイの尿がでる、尿量が変わるといった症状が現れます。
治療には抗生物質を使い、細菌を殺して炎症を抑えます。

○ 腎不全
腎臓の機能が落ちる病気です。
慢性腎不全と急性腎不全があり、慢性型は治療しても回復しません。
なので、残っている腎機能を使って延命することになります。

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ