ハムスターの寿命を伸ばす飼い方~消化器系疾患編~

<スポンサードリンク>

消化器系に異常が出ると、軟便や下痢といった症状が現れます。
身体の小さいハムスターにとって、下痢は死につながる怖い病気です。
2~3日下痢が続くと脱水症状になり命を落としてしまうので、早めに病院へ行きましょう。
また、下痢をしたハムスターのケージは逆性石鹸などに浸して消毒しておきましょう。
下痢になる原因は、寄生虫、腸内細菌バランスの乱れ、エサ、カビのほかにストレスも関わっているとされています。

○ 寄生虫
ハムスターが注意したい寄生虫には、クリプトスポリジウム、小型条虫、縮小条虫、ハムスター盲腸蟯虫、ネズミジアルジア、トリコモナスなどがあげられます。
下痢になった場合は病院でフンを検査して、これらの寄生虫の卵がないか確認します。
寄生虫を見つけたら、それに合わせた薬を飲ませます。

○ 腸内細菌バランスの乱れ
人間と同じようにハムスターのお腹の中にもたくさんの細菌が住み着いています。
通常は善玉菌の方が多く最近のバランスが保たれているため、消化吸収などに活躍し良い効果をもたらしてくれます。
しかし、バランスが崩れ悪玉菌が増えると腸内に悪さを始めるため、身体は菌を外に追い出そうとします。
この作業が下痢という症状になって現れます。
腸内細菌バランスが乱れるのは、抗生物質を与えたり急にエサを変えたりすることが原因だと考えられます。
なので、エサの内容を急激に変えることはやめ、変更するときは1週間以上かけてゆっくり変えていきましょう。

○ 不適切なエサ
脂肪分の高い種子類を与えすぎると、脂溶性の下痢になります。
また、牛乳やチーズを与えて下痢になることもありますが、これは個体によって下痢にならないこともあります。
ほかにも、ペレットがカビていたり給水ボトルに細菌が繁殖していたりすると下痢の原因となるので、定期的に洗浄しましょう。

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ