ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方|季節ケア編

<スポンサードリンク>

ハムスター 寿命

暑すぎると熱射病、寒くなると仮死状態になってしまいやすいハムスター。

ハムスターが快適に過ごせる温度は20~28℃なので、季節に合わせて環境を調節してあげましょう。

 

◇ 春 ◇

春は1年で最も過ごしやすい季節。

ハムスターを飼い始めるなら、この時期からにするとハムスターにかかる負担も少なくなります。

赤ちゃんを産むのにも適した季節なので、ショップにもたくさんの子どもハムスターがいます。

ただ、寒暖の差が激しい日もあるので、床材はある程度用意しておき、寒いときにもぐれるようにしておきましょう。

また、春は夏毛に生え変わる時期でもあります。

ゴールデンハムスターは毛が長いため、ブラッシングやこまめな掃除を心がけましょう。

 

◇ 梅雨 ◇

湿度が高く、ケージ内にカビが繁殖しやすい季節。

風通しの良い場所にケージを置いて、快適に過ごせるようにしましょう。

晴れた日は、ケージや巣箱を日に当てると細菌の繁殖も防げます。

また、食べ物や床材のカビにも注意が必要です。

しっかり密閉できる容器で保管したり小袋のものを買う、乾燥剤を使うなどの工夫を。

 

◇ 夏 ◇

日本の夏はハムスターにとって最も辛い季節。

ハムスターは汗をかくことができないため、風があたってもなかなか体温が下がりません。

なので、エアコンや保冷材を使ってケージ内の温度を24~28℃に保ちましょう。

保冷剤や凍らせたペットボトルを使う場合は水滴が落ちないようにタオルで巻いておきましょう。

 

◇ 秋 ◇

暑い夏が過ぎると、ハムスターも食欲が出てきます。

この時期は冬に備えて体力を蓄える時期なので、旬の秋野菜や果物で栄養をつけさせましょう。

ただし、食べすぎには注意。

スキンシップを取りながら肥満気味になっていないかチェックするようにしましょう。

また、換毛期なのでこまめな掃除も忘れずに。

 

◇ 冬 ◇

気温が下がりすぎるとハムスターは擬似冬眠に入ります。

冬眠したまま死んでしまうこともあるので、温度が低くなりすぎないように注意しましょう。

冬は基本的にエアコンを使ったりケージに毛布をかけたりして、温度を15℃以上に保ちます。

ペットヒーターを使ったり床材を多めに入れたりするのも良いでしょう。

脂質の多い種子類を食べさせるのもありです。

体力の少ないハムスターにとって寒さは大敵なので気をつけてください。

<スポンサードリンク>



ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ