ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方|健康チェック編

<スポンサードリンク>

 

野生下で被捕食者となることが多いハムスターにとって、弱みを見せることは即、死につながります。

そのため、たとえ飼い主であっても病気やケガを隠そうとします。

そんなハムスターの異変に気付くためには普段の健康チェックが大切です。

毎日、同じ時間にお世話をして健康状態を確認してあげるようにしましょう。

 

◇ 健康チェックのポイント ◇

○ 各部位のチェック

・耳が汚れていたりイヤなニオイがしないか
・目ヤニや涙が出ていないか
・鼻水が出ていないか
・歯が折れていたり伸びすぎていないか
・爪が伸びすぎていないか
・しっぽが濡れていないか
・黒くポロポロしたウンチをしているか
・毛艶が悪くなっていないか

 

○ 様子をチェック

・食欲はあるか
・歩き方に異常はないか
・動きが鈍くないか

 

○ 体重測定

キッチン用のはかりなどを使って、週に一回程度体重を量ります。

量るときには小さな容器などに入れると良いでしょう。

生後6ヶ月までは体重が増え続けますので、その期間に体重が増えなかったり減ったりする場合は要注意。

また、それ以降は体重が安定するはずなので、大きく変化がある場合も身体の異常を疑いましょう。

オスのゴールデンハムスターなら85~130g。

メスなら95~150gが理想です。

 

体調に異常を感じたら早めに病院で診てもらうことが大切です。

ハムスターは身体が小さいため病気の進行が速く、気づいたときには手遅れとなっているケースが多いためです。

ただ、ハムスターを診てくれる病院はあまり多くありません。

なので、もしものときのために事前に探しておきましょう。

<スポンサードリンク>



ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ