ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方|食事編

<スポンサードリンク>

ハムスター 寿命

健康な身体を作るには規則正しい生活と、適切な栄養バランスから!!

これは人間もハムスターも同じです。

将来の身体を作るのは今食べているものですから、ハムスターにも適切なエサをあげるようにしましょう。

 

◇ エサを与えるときの基本 ◇

1、エサの種類

エサは基本的に総合栄養食のペレットを与えましょう。

ペレットは栄養バランスが優れており、硬さもあるため歯の伸びすぎ防止にもなります。

毎日同じものばかりでは可哀想だといって様々なエサをあげる人もいますが、基本的にペレットだけで十分です。

日本に住んでいるといろいろな料理があるため毎日違う食事をとりたくなりますが、海外では毎日同じものを食べて暮らしている人たちもいます。

ハムスターもはじめから同じ食事で慣れていれば、特にストレスを感じることなくペレットを食べてくれます。

むしろ注意したいのは、好物ばかり与えて偏食になること。

ひまわりの種やナッツ類はハムスターの好物ですが、脂肪が多く肥満のもとになります。

好物でお腹が満たされると、ペレットを食べなくなってしまうこともあります。

たまにあげる分には構いませんが、そのときも量には注意しましょう。

⇒ エサの種類について詳しく
⇒ オススメのペレットへ

 

2、エサの量

ペレットを与える量の目安は、体重の5~10%程度。

ゴールデンハムスターなら一日10~15gが理想です。

成長期や妊娠中、授乳中にはより多くのエサが必要になるので、食べ残しや便の様子、体重などをチェックして調節してあげましょう。

特に食べ過ぎになると便が柔らかくなる傾向があるので、注意してみてみましょう。

 

3、エサの回数

エサは基本的に1日1回あげれば大丈夫です。

ハムスターが活動するのは夕方以降なので、夕方か夜にあげるのがベスト。

朝になって食べ残しがあった場合はしっかり片付けて、次にあげるときは新しいエサにしましょう。

 

4、エサを変更する

今まであげていたペレットが買えなかった。

別のエサをあげたい。

そんなときは、徐々にエサを変えていく必要があります。

というのも昨日まで食べていたものから急にエサの内容が変わると腸内細菌のバランスを崩しやすく、ハムスターがエサを食べなくなってしまうからです。

最初は1割程度、徐々に3割、5割と割合を変えていくとスムーズにエサを変更することができます。

 

<スポンサードリンク>



ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ