ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方|お世話編

<スポンサードリンク>

ハムスター 寿命

人に飼われる生活で健康を保つには、適切なお世話が欠かせません。

ハムスターの気持ちや性質を把握したうえで、ストレスを与えすぎないようにしてあげましょう。

 

◇ ハムスターの気持ちや性質 ◇

○ 人間って大きい!!!

ハムスターと比べて人間の大きさは10倍以上。

そんな人間にいきなり掴まれると恐怖を感じます。

特に真上から掴まれるのは、鳥に捕食されることを連想するので注意しましょう。

また、人間にとっては少量のエサでもハムスターにとっては多すぎることがあります。

ハムスターと接するときは身体のサイズを考えてお世話をしてあげましょう。

 

○ 昼間は眠たい

ハムスターは夜行性の動物なので、昼間は眠っています。

寝ているときに起こされるのはハムスターにとっても不快なので、遊ぶなら夕方以降に遊ぶようにしましょう。

ただし、ハムスターも人間同様、光の強さで昼と夜のリズムを作ります。

眠っているからといって部屋を真っ暗にしたり、夜動き回るから明かりをつけておくというようなことはやめ、昼間明るく夜暗くして生活リズムを作ってあげましょう。

 

○ 自分の縄張り

ゴールデンハムスターは縄張り意識の強い品種。

一度室内を散歩させたら、そのあとも定期的に縄張りをチェックしたくなります。

室内散歩させるなら、できるだけ毎日散歩させてあげましょう。

また、ほかのハムスターと一緒に飼うと縄張り争いをするためやめましょう。

 

○ 弱っているのは知られたくない

被捕食者となることが多いハムスターにとって、弱っている姿は格好の的。

そのため、本能的に弱っていることを隠そうとします。

病気やケガも隠して生活するので気がつきにくく、気づいたら手遅れということもあります。

少しでも違和感があるときはしっかり観察して健康状態をチェックしましょう。

⇒ 毎日やるお世話の内容へ

 

<スポンサードリンク>



ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ