ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方|選び方編

<スポンサードリンク>

ハムスター 寿命

多くのペットショップで販売されているゴールデンハムスター。

見ているうちに欲しくなって衝動買いしてしまうなんて人も多いと思います。

しかし、寿命を迎えるまでできるだけ長く一緒にいたいなら、選ぶ時にいくつか注意したいポイントがあります。

これから2~3年一緒に過ごすことになるので、購入する際はしっかり考えて選ぶようにしましょう。

 

◇ ゴールデンハムスターを選ぶポイント ◇

○ お店をチェック

まずは、お店の状態を見てみましょう。

動物のニオイが強かったり、商品にホコリがかぶっている場合はNG。

ペットのお世話にまで手入れが行き届いてない可能性が高いです。

購入店舗を選ぶ時には、店員さんの知識量も一つの基準になります。

動物に愛情がある店員さんなら必然的に知識も増えますし、ちょっとしたトラブルの相談もできるので安心です。

飼育のポイントなどを聞いて、親切に対応してくれるところを選ぶようにしましょう。

 

○ 飼育環境をチェック

ハムスターのケージは水槽タイプを使用しているか。

エサはペレットがメインで、種ばかり与えられていないか。

お水は給水ボトルを使っているか。

これらが、飼育環境をチェックするうえで一つの目安になります。

金網ケージの場合はケガをする恐れがありますし、種ばかりでは栄養に偏りがでます。

給水ボトル以外で水を与えている場合、身体を濡らして体調を崩すこともあります。

店舗の状態をチェックした後は飼育環境を見てみましょう。

 

○ ハムスターをチェック

信頼できそうなお店が見つかったら、次はハムスター選び。

できるだけ種類が多いところだと、個体差が分かりやすく、健康的なハムスターを選ぶことができます。

選ぶ時には簡単な健康チェックを行います。

まず、お尻は濡れていないか。

おしりの毛が濡れていると下痢の可能性があり、購入後のお世話がかなり大変です。

場合によっては、そのまま亡くなってしまうこともあるので気をつけましょう。

次に歯が伸びすぎていないか。

ハムスターの歯は生涯伸び続けますが、硬いものを食べることで削れ、適切な長さに保たれます。

歯が伸びている場合はかみ合わせが悪い可能性が高く、定期的に病院でカットしてもらう必要がでてきます。

この二つをチェックしたら、あとは全体的に異常がないか見てみます。

ほかの個体に比べ動きが鈍かったり、歩き方が不自然だったり、目が曇っていたりしないか。

おかしな様子がないか確認するようにしましょう。

 

※ 夕方にチェック

朝、家族で購入しに行って、一日かけてハムスターが住む環境を整えてあげる。

そんな家庭も多いかと思いますが、選ぶなら夕方見に行くことをオススメします。

ハムスターは夜行性のため、昼間は眠っています。

すると、元気な個体とそうでない個体を見分けることが難しく、もともと体調の悪い個体を選んでしまう可能性が高くなります。

中には調子が悪そうな子を看病してあげたいという人もいますが、看病には手間もお金もかかり想像以上に大変です。

選ぶ時は元気な子を選ぶようにしましょう。

 




ゴールデンハムスターの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

ハムスター 寿命
高齢になったら適切なケアを!!

ハムスター 寿命
ハムスターが寿命を迎えるときに…

ハムスター 寿命
ケガや病気の応急処置方法!

ハムスター 寿命
看病するときのポイントって?

ハムスター 寿命
症状から調べるハムスターの病気

ハムスター 寿命
健康なハムスターの選び方!

ハムスター 寿命
適切なお世話で健康を保とう!!

ハムスター 寿命
ハムスターに必要なお世話とは??

ハムスター 寿命
健康を保つには食事が大切!!

ハムスター 寿命
住まい作りはストレスに注意を!!

ハムスター 寿命
ケージは落ち着ける場所に置こう!

ハムスター 寿命
毎日やりたい健康チェック!!

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ