【パピヨン】犬の寿命を伸ばす飼い方|ブラッシング編

<スポンサードリンク>

 

パピヨン

パピヨンのブラッシングは基本的に毎日。
散歩から帰ったときの習慣にすると良いでしょう。

ブラッシングの目的は主に3つあります。
1つ目は、毛玉を防ぎ抜け毛や汚れを取り除く効果です。
抜け毛をそのままにしておくと通気性が悪くなり、皮膚に雑菌が繁殖して皮膚炎を起こすことがあるので、定期的に行いましょう。
2つ目は毛並みを整える効果。
パピヨンは耳の飾り毛がチャームポイントですが、キレイに見せるにはブラッシングが大切。
コームなどを使って優しくとかしてあげましょう。
3つ目はマッサージ効果。
皮膚に適度な指揮を与えることで血行を良くし、全身に栄養をいきわたらせることができます。

【ブラッシングに慣れさせる】

【ブラッシングのやり方】

【子犬の時期の注意点】
生後4~8ヶ月にかけては被毛がどんどん抜けていき、少し醜い姿になることがあります。
この様子を見て、毛が抜けないようにブラッシングをやめてしまう飼い主もいますが、逆効果です。
毎日ブラッシングをして、毛が生え変わるのを促してあげましょう。
それにより、そのあとキレイに被毛が生えてくるようになります。

 

⇒ パピヨンの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ