【パピヨン】犬の寿命を伸ばす飼い方|しつけ内容編

<スポンサードリンク>

 

パピヨン

わんちゃんの健康や安全を守るためにしつけはとても大切です。
わんちゃんが興奮した時にオスワリさせれば落ち着かせることができますし、危険なところに行こうとしたときにマテができれば安全を確保できます。
普段からケージに入るトレーニングをしていれば、病院に行くときに大きなストレスを感じることもありません。
わんちゃんとコミュニケーションをとりながら、徐々にしつけを進めていきましょう。

◇ アイコンタクト ◇

しつけというと、まず浮かぶのがオスワリ。
しかし、その前に必要なのがアイコンタクトです。
子犬は色々なものに興味をもつので、意識が散漫しがち。
頑張ってしつけようとしても、すぐに他のことに気を取られてしまいます。
そこで、まずは飼い主をよく見てもらうようにしましょう。
こうすることで、指示が伝わりやすくなり、しつけもスムーズにできるようになります。
わんちゃんにとっても、飼い主のことをリーダーと認識できるので心を落ち着かせることができます。
まずはアイコンタクトをマスターできるようにしましょう。

しつけの方法は、下の動画を参考にしてみてください。
おやつを飼い主の顔の前に持っていき、目があった瞬間にご褒美。
コレを繰り返すことで徐々にアイコンタクトできるようになってきます。

◇ オスワリ ◇

オスワリはわんちゃんとコミュニケーションを取るときに遊びながら教えても良いですし、食事を利用して教えても良いです。
下の動画のように、まずエサやおやつを犬の目線より高い位置持ち上下に動かします。
この時、「オスワリ、オスワリ」と言いながらわんちゃんが座るのを待ちます。
上手く座れないようなら、お尻のあたりを押して座らせるのも良いでしょう。
オスワリが出来たらすぐにご褒美をあげ、これを毎回繰り返せば徐々に指示通り動けるようになってきます。
はじめは上手くいかないと思いますが、根気よくやっていきましょう。

◇ マテ ◇

マテの練習は、食事前の“おあずけ”として行うのが良いでしょう。
左手で食器を持ちながら、右手で犬の鼻さきに手のひらを向けて、「マテ」と言って制します。
短時間で良いので少しでも待つことができたら「ヨシ」と言ってエサを食べさせます。
数週間~数か月間かけて徐々に待つ時間を長くしていきましょう。
マテができるようになると、いろいろな場面で行動を制御することができるので、わんちゃんの安全を保つのに便利です。

◇ ケージトレーニング ◇

車や電車にのってお出かけするとき。
わんちゃんはケージの中で過ごす時間が長くなります。
なのでケージに慣れていないと閉じ込められたような感覚になり、わんちゃんにとって大きなストレスに。
しかし、ケージトレーニングをしていれば安心できる空間だと感じられるようになるので、事前にしっかりトレーニングしておきましょう。
ケージに慣れさせるには、まずケージの近くで遊ぶこと。
ケージのそばで遊ぶのに慣れたら、次はケージ内におやつやおもちゃを置き、わんちゃんが自分から入るように仕向けましょう。
それにも慣れたら、中に入るタイミングで「ハウス」といい、上手くできたら褒めてあげます。
ケージに入ると良いことがあるという印象を与え、少しずつケージ内にいる時間を伸ばしていきます。
「ハウス」の指示でケージに入るようになったら完璧です。

 

⇒ パピヨンの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ