【ラブラドールレトリバー】犬の寿命を伸ばす飼い方|トイレトレーニング編

<スポンサードリンク>

 

主なしつけは散歩、食事、トイレ、そしてオスワリやマテなどがあります。
成犬になると飼い主が力でコントロールできなくなるので、散歩にしつけは確実にしておく必要がありますし、ラブラドールは太りやすいので食事のマナーも大切です。
トイレトレーニングをしっかりしていないと、家の掃除だけでなく外出時も苦労します。
オスワリができないと、わんちゃんが興奮した時に制御できなくなる可能性があります。
どれもわんちゃんを危険から守り、健康に過ごさせるために必要なことなので、子犬のうちからトレーニングして身につけさせましょう。

◇ トイレトレーニング ◇

飼い始めて一番初めに行うのがトイレトレーニング。
子犬のうちは2時間に1回程度おしっこをするので、最初の2~3日に集中してトイレを教えましょう。
犬は尿意や便意を催すと、急に床や地面のニオイをかいだり、クルクルまわったり、排泄の姿勢をとろうとします。
そんな時はすぐにトイレに連れていきます。
おしっこがでるまでじっくり待ち、できたらすかさず褒めましょう。
はじめはサークル内にトイレを置きじっくり待つのが良いでしょう。
慣れてきたらサークルの壁を一つ取り外して、やってみましょう。

【トレーニングのコツ】
休んでいるときに内臓が活発に働き、尿が作られます。
その後、軽く運動することで身体が刺激されおしっこしやすくなります。
おしっこして落ち着いたら、つぎのおしっこまでしばらく休ませてあげましょう。
またトイレ以外の場所で排泄した時は、その場ですぐ叱る方法と、無視してさっさと片付ける方法があります。
あまりきつく叱りすぎると、おしっこ自体を我慢するようになる可能性があるため、個人的には無視してさっさと片付ける方法をオススメします。
その場合はニオイが残らないっように消臭剤でニオイを消すことも忘れずに!!

 

⇒ ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ