【ラブラドールレトリバー】犬の寿命を伸ばす飼い方|しつけ編

<スポンサードリンク>

 

ラブラドールレトリバー

賢く手入れもしやすいため、盲導犬として活躍しているラブラドールレトリバー。
その印象が強いためか、何もしなくてもいうことを聞いてくれると勘違いしている人がいるようです。
当然ですが、盲導犬として活躍しているわんちゃんはしっかりと訓練を受けたから、目の見えない人を支えることができています。
逆に何もしつけをしなければ、飼い主のいうことを聞いてくれなくなってしまいます。
飼い主や家族との生活を楽しくスムーズにするために、また、外に出た時のルールを守らせるために、きちんとしつけを行いましょう。
しつけが出来ているとお互いにストレスが減るので、健康にも良いですよ♪

◇ しつけのポイント ◇

1、ほめて教える
しつけの基本は褒めて教えること。
わんちゃんにとって飼い主に褒められることは、人間の想像以上にうれしいもの。
特にラブラドールレトリバーは賢く人間大好きなので、命令通りに動いたらすぐに褒めていろいろと教えていきましょう。
褒めるときは「ヨシ」とか「ヨーシヨシ」と声をかけてスキンシップをとってあげます。
ご褒美のおやつをあげても良いでしょう。
何度も繰り返すことで、次第に飼い主のいうことを聞いてくれるようになります。

2、叱らない環境
叱るときには「ダメ」といって短くはっきりと叱ります。
ポイントは間違った行動をしている最中に叱ること。
タイミングがずれると何を叱られたか分からなくなってしまいます。
また、わんちゃんが「かまってもらえた」と思わないように、厳しく短い言葉で行動をやめさせる必要もあります。
しかし、コレが案外難しい。
そこで、事前に飼い主が叱らないですむ環境を作っておくことが大切になります。
例えば、スリッパを噛んでしまう場合。
スリッパを毎回しまっておけば、わんちゃんがスリッパを噛むことはありませんし、ほかに噛んで遊べるおもちゃを渡しておけばストレスで家のものを噛むこともなくなります。
できるだけ叱らない環境をつくり、叱るときは短くはっきり。
これがしつけのポイントです。

3、主導権は飼い主に
犬はもともと群れで暮らしていたため、リーダーのいうことに従う性質があります。
逆にリーダーになったら何が何でも相手にいうことを聞かせて秩序を守ろうとします。
なので、必ず飼い主がリーダーとなるようにしましょう。
でないと、わんちゃんが人間社会に上手く適応できず、ストレスを溜め込んだり、危険なところに行ってしまったりします。
飼い主がリーダーになる方法ですが、全ての主導権を飼い主が持つこと。
遊び始めるときも遊びを終えるときも飼い主が決める。
食事を与えるのもわんちゃんが催促したからではなく、飼い主のあげたいタイミングであげる。
散歩も飼い主が行きたいコースを歩く。
わんちゃんが可愛くて、何でも優先してしまうという人もいますが、これではお互いのためになりませんので、必ず飼い主が主導権を握るようにしましょう。

4、一貫性をもつ
家族が多い場合、特に注意したいのがコレ!!
お父さんに飛びついたら褒めてくれたけど、お母さんに飛びついたら叱られた。
同じ行動をしても褒められたり叱られたりしたら、わんちゃんが混乱してしまいます。
また、日によって褒めるポイントが変わってしまう場合も問題です。
わんちゃんが理解しやすいように、事前に家族でルールを決めておきましょう。

 

⇒ ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ