【ラブラドールレトリバー】犬の寿命を伸ばす飼い方|選び方編2

<スポンサードリンク>

 

ラブラドールレトリバー

○ 健康状態をチェック
購入するお店が決まったら、子犬の健康状態をチェックしましょう。
信頼できる相手からの購入ならそこまで神経質になる必要はないですが、それでも病気を抱えている可能性もあります。
最低限の健康チェックは自分でしておきましょう。

【目】
できるだけ濃い色で輝いていること。
【耳】
耳は冷たく、中が汚れていないこと。
また、異臭がしないこと。
【鼻】
濃い色で冷たく、適度に湿っていること
【口】
歯茎や舌がピンク色をしていること。
また、口臭が少ないこと。
【肛門】
しっかりしまっており、清潔なこと。
【被毛】
つやがあって滑らかなこと。
また、皮膚がキレイで炎症を起こしていないこと。
抱き上げた時にずっしりと重みがあることを確認しましょう。
【体つき】
抱っこした時にずっしりと重みがあること。
また、バランスよく立って歩けること。

 

○ 性格をチェック
ラブラドールレトリバーは基本的に忍耐強く温和で、どんな環境にでも順応できます。
ただ、当然個体差があります。
また、飼育環境が劣悪だと人間不信に陥っている可能性もあります。
なので、選ぶ時には性格もチェックしておきましょう。

【性格テスト①】
兄弟犬たちに向かって手を叩き、呼んでみましょう。
兄弟を押しのけて真っ先に駆け寄る子は積極的で気が強いタイプ。
のんびりやってくる子は、おっとりしていてマイペース。
尻込みする子は臆病で神経質なタイプだと考えられます。
初めて大型犬を飼うなら、のんびりやってくるマイペースタイプがオススメです。

【性格テスト②】
従順性を試すために子犬を仰向けにしてみます。
素直に受け入れてくれる子犬は従順性が高く、しつけやお手入れも比較的ラクにできるようになります。

【性格テスト③】
オモチャを使って大きな音を出してみます。
過剰に反応したり、おもちゃに近寄ろうとしないタイプは神経質でストレスを溜めやすい傾向にあるので、注意しましょう。

 

⇒ ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ