【パグ】犬の寿命を伸ばす飼い方|お世話編

<スポンサードリンク>

 

パグ

◇ お手入れ ◇

パグは短毛種で比較的お手入れが簡単な品種です。
ただし、肌が弱く目が大きいため特別なケアも必要になります。
また、顔のシワのお手入れは他の犬種にはないパグ特有のものになります。

⇒ 【パグ】身体を気持ちよく保つお手入れ方法

◇ しつけ ◇

きちんとお世話するために大切なのがしつけ!!
しつけというとマテやオスワリを連想する人も多いかもしれませんが、ほかにもトイレトレーニングしたり、触っても嫌がらないようにしたり、無駄吠えさせないようにしたりする必要があります。
飼い主のためにもわんちゃんのためにも、きちんとしつけをしましょう。

⇒ 【パグ】適切なしつけでストレスを減らそう

◇ 社会化 ◇

人間社会にはわんちゃんの苦手な刺激がいっぱい。
チャイムの音や踏み切り、マンホールの鉄のにおいや感触など・・・。
子犬の時期に適切に社会化できないと、刺激に対して敏感になりストレスを溜め込んでしまうので注意しましょう。

⇒ 社会化をすすめてストレスの少ない生活へ

◇ 散歩 ◇

人間にとっても犬にとっても大切な運動。
血流量をアップさせ免疫力を高めたり、環境を変えてリフレッシュすることができます。
また、犬にとっては社会に慣れる大切な機会でもあります。
いきなり上手く散歩できるわけではないので、トレーニングしながら散歩にならし、適切な運動量を確保しましょう。

⇒ 【パグ】身体を健康に保つ散歩量

 

⇒ パグの寿命を伸ばす飼い方|トップへ

 

パグの寿命を伸ばす飼い方 記事一覧

失敗しないパグの選び方
パグの快適な住まいづくり
成長に合わせた食事でパグの寿命を伸ばそう!!
- 健康な身体を保つ食事内容
- 手作り食で注意したいポイント
適切なお世話で健康な身体に!!
- 適度な散歩でリフレッシュ
- 散歩デビューは無理のないように!!
- 毎日のお手入れで病気やケガの予防を!!
- 社会化でストレス耐性アップ
- しっかりしつけてストレスの少ない生活を!!
- パグに教えたいしつけ内容
健康チェックで病気の早期発見!!
- パグがかかりやすい病気
- パグが気をつけたい感染症
- 高齢になったら無理は厳禁!!
- 高齢になったパグがかかりやすい病気
- 季節に合わせたケアで健康維持

<スポンサードリンク>

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ